この記事は2009年4月20日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

プチプチ起業メモその2

【他人の仕事を横取りしないという生き残り戦略】

世の中のすべての分野において、そこにはすでにその分野で仕事をしている人がいる。
先に始めて安定している人を見てどれだけうらやましく感じようと、あとから起業したプチプチ起業家は、そうした先住者の仕事を奪うことは極力避けるべきである。

力で奪ったものはやがて奪い返される。

それよりも、まだ誰も手を付けていない分野を探して、「そこだけ」を狙うべきである。
それならば、既存の業者(往々にしてそれはあなたの住んでいる地域、あなたの家のすぐそばにあったりする)の神経を逆なでして、機会あれば潰してやろうというような、心の中のブラックリストに載らずに済む。

そして、手付かずの分野に所属するお客さんたちにとっては、今までに得られなかったサービスを享受できるようになって、とても喜ばれる。

あなたが始める仕事によって、不利益をこうむる人をなるべく出さない。

あなたが始める仕事によって、幸せになる人をなるべく増やす。

これが、無資金・無技術・無人脈、つまり「ゼロから始める」プチプチ起業が、生まれた瞬間に先行者によって芽を摘まれないための、生き残り戦略なのである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする