この記事は2009年7月30日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

社会貢献もいいけど、無理は禁物ですね

OSC名古屋でWordPressのユーザーグループである「WordBench名古屋」で参加エントリーをしたものの、私自身が何の協力ができるかというと、参加しませんかと声をかけるくらいで(それはすでにやりました)、実際に当日ブースの番をしても、何も対応できないので、どうしたらいいかと心苦しいばかりです。

私も、今、何か作るといえばWordPress(広告が表示されていいならJimdo)という感じで、現在運用しているサイトはショップ以外すべてWordPressなのに、なぜこんなに何も知らないかというと、つまり、私がやりたいと思うことはすべて、既存のプラグインでカバーできてしまうので、ソースコードを開いて改造するとう必要性に迫られることが一度もなく、当然の結果として、WordPressのパッケージにどんなファイルが含まれていて、どういう仕組みで動いているのかなんて、考えたこともないからです。

最近使い始めたEC-CUBEだとそいうわけにはいかず、せっせとググってはごそごそとファイルをHackする羽目になり、ごちゃごちゃやってるうちに、ディレクトリ内のファイルを何度も眺めるし、開いて見たりもすることになります。

そういうのと比べると、素人でも簡単に使えるWordPressってすごいなっていうか、あまりに便利なのでかえって自分で改造したいモチベーションが高まらないツールなのかなと、思ったりします。

とりあえず、これが私の本職で、どんと来いと胸をはって受け止められる内容ならよかったんですが。。ほんとにPHPも開発状況も全然分かってないので…。
門外漢がよけいなことに首を突っ込むのはやっぱり、やめたほうがいいなぁと、つらつら思う今日この頃です。

(ちょっと、2001年から今までの、周りにどう思われようと、機会があればなんでも首を突っ込んで、突破口を探そう的な活動方針を見直し中です。結局、ほんとうに好きでやってることじゃないと、突破口が開いてもメリットにならないと分かりましたし。それよりなにより、プログラミングのように、あまり分かんない話に長時間つきあうのに疲れてしまったので…)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク