【焦】コンクールに応募する原稿がまだゼロ行な件

ほんとは3月から、応募用の小説を書こうと思っていたんだけど、予定外の社長交代とか、予定外の仕事とか、予定外の新しい仕事とか、作業というより考えたり調べたりすることが多くて、結局、小説にはとりかかれず。あーもうこういう自分イヤって、自己嫌悪のレベル…

細々と舞台設定とか、登場人物の設定とかは考えたけれども、あぁもう、このペースでほんとにできあがるんだろうかと思うと、いたたまれない気持ちになる。

なにしろコンクールというのは年に1回しかないので、この機会を逃したら来年になるし、それまで自分のテンションが維持できるわけもなく、また宙ぶらりんになるんだろうな…と。

でもまだ3ヶ月あるのであきらめるには早すぎる。

できる、完成する、満足のいくものができあがるというイメージをもって、事に当たらないといけない。

ほんとにほんとに、わたし、余計なことやってる場合じゃないのに。。

というわけで、内心の焦りが生活全体に影響しはじめています。

このままではダメだと思い、今週末に、某所でとある人たちにお願いをしまして、私のこれから書く小説についてのMTGを開くことにしました。こういう機会があるとなれば、それまでに説明資料を作らなくてはとか、自分にプレッシャーをかけれるかなと思って。

…資料、進んでいませんが。。

それでも、話をする機会があれば、自分の意識のピントもあってくるだろうし。

ほんとにねー、そういうことだけ、考えて生活できるようになったらいいのに。
そうなったらなったできっと、苦しいんだろうとは思うけど。

それでも今みたいに、関係ないこと・興味のないことに時間をとられるよりは、納得できるんじゃないかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク