引き寄せマーケティング。じゃなくてインスタ集客?

めったにないけど、すごく勘が冴えてる時とか、いわゆるゾーンに入ってる時とかに、何か思っただけでその人から電話がかかってきたりっていう、偶然と思えないような偶然ってみなさん体験しますよね?

ずいぶん昔だけど、バブルの頃に流行った自己啓発セミナーを受けた時期、仕事をやめると決意した翌日、数年会ってない人から電話で、とある企業で新規事業を始めるんだけどやらない?と誘われるなど、まじ、鳥肌がたつような偶然、みたいなことけっこうありました。

※ 新規事業のお誘いがあったのは当時バブルでブームだったからです。バブルがはじけたとたんに本業が傾いちゃって、余計な新規事業はみんな閉鎖になりました。
※ いまならさしずめ、ベンチャー起業ですかね。

精神世界の修行系やってる人はけっこう、こういう体験をするようです。

私も、超常現象までいくとちょっと引くけど、意識には物質に影響を与えるパワーがあるという説もあるし、日常でも、たとえば仕事の新企画でこれ面白い!すごいよね!と盛り上がっていたらポンと注文が入るとか、そいうのある気がする。
エネルギーが高いと、周囲が巻き込まれるみたいなこと。

なので、ネットショップでいちばん大事なのはSEOって言ってるけど、もしかして、エネルギーとか気とか波動とか、そういうやつのほうが大事、ってことはないのかなーと、ときどき、思ったりするんだけど、どうなんでしょう。

ほら、引き寄せの法則とか言うじゃん?
それに似たものが、あるいは必要なものが引き寄せられてくる的な。

それだとすると、ショップオーナーや運営者は、「高い波動」または「客層に合った波動」で作業したほうがいいって話に。
間違っても、やりたくない、つらい、苦しい、と泣きながら作業なんかしちゃだめってことだよね?

…なんて。作業したくないのでそんな理屈を考えてみただけですが(..;)

でも、2,3年前はほんとに、泣きながら作業してました。iPhoneの写真はきれいにとれるので加工がラクですが、当時使ってたデジカメは色調整が難しくて、しかも商品自体も好きじゃなかったので、ずっと写真見てると吐き気がしたものです。。

最近は写真加工プロセスが確立してサクサク作業できるし、自分の好みのデザインの商品しか作らないので、吐き気はしなくなりましたが。

まあ、とにかく商品の販売って奥が深いです。

いまだに、どういうタイミングでものが売れるのか、法則が分かりません。
還暦や米寿のお祝いは、年中、好きな時にやるみたいなので、いつがその日なのか分からない。
どこの誰がいつ、その気になって検索するのか、わからない。

謎です。

ネットショップだけじゃなくてリアル店舗でもそうなんだろうけど。

ちなみに、きのう耕望に来たお客さんは、ネット検索じゃなくてインスタで検索してそこからWEBショップを見たんですって。

そういう流れがあるって話には聞いてたけど、

ほんとにそういうことするんだー!

って驚きました。インスタおそるべし。っていうかこれ、波動で引き寄せたのかも? 

2007〜8年頃、私たちがセカンドライフの中で運営していた雑貨ショップ。後半はフランチャイズ展開して10店舗くらいありました(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク