1年後の未来。

朝、目が覚めた瞬間に、何かが思い浮かんでいて、あ、これはWEBで使える!と確信したんだけど、目が覚めたら消えていました。。なにか、つとむのプロフィールに関係することだったような。。。

でも思い出せなかったし、思い出せたとしても提案しなくてもいいんだ、ということを改めて思い出して、習慣って怖いな、と思いました。

新しいアイデアを考えなくちゃ、そうじゃないと売上が下がっちゃうって常に思っていて、それが潜在意識にインプットされてるから寝ていても考えてしまうんだろうなと。
こういう無意識下で思ってることが現実を引き寄せちゃんだろうなーと、自分で納得したりして。

もっと楽しいこと考えて寝ないといけないですね。寝る前にゴッサムとか見るの良くないかも(笑)

石田麻琴さんのセミナーから1年の間に起きたこと

ちょうど1年前の今頃、 石田麻琴さんのセミナーを受けて毎朝ミーティングをやっていました。

毎朝15分間、前日の訪問者数と売上を表に記入して、そのあとみんなで話し合う。
これを365日続ければ必ず明らかな違いが現れる

まじか!すごいじゃん。1年たったらどんなすばらしいことになっているんだろう!とワクワクして始めたのですが、まさかの。私が、3ヶ月でギブアップしてしまいました。

ちょうどその頃、私は小説を書いていて、ふと疑問がわいたのです。

なぜ毎朝のミーティングで、主人公のキャラクター設定がおかしいんじゃないかとか、そこのプロットは矛盾してるとか、そういう話題が取り上げられないのか。

なぜ私は、最も話題にしたいことを脇において、アクセス数だのキーワードだのの話を毎日しなくてはいけないのか。

なぜ私は(つ)の仕事を手伝うのに、逆はないのか。

なぜ、人生がこんなに苦しいのか。

で、だんだん、サイトの訪問者数の話より、私が怒りをぶつける場面が増えてきて、ほんとにあの時期、毎日のように、(つ)の意識の低さをなじり、なぜブログを書かないのか責め立てた記憶があります。

書けば効果が出ると分かっているツールがそこにあるのに、なぜそれをしないのか、

やらなくても私が書くと思ってるのか、

これは私の人生じゃなく、あなたの人生で、私も巻き込まれているというのに、なぜあなたは飛び込んで、泥にまみれてでも成功を勝ち取ろうとしないのか。

などなど。毎日のように言いたいことを言い、言うことがなくなるとミーティングをやめる宣言してすべてを放置。

そのあと、秋に、Wooruの相談会の企画が始まるまで、私の中で、WEBショップは完全に終了モードになっていたのでした。
おかげさまで、Wooruでいろんなショップオーナーさんの話を聞くうちに、苦労してるのは私だけじゃないんだ、みんなそれぞれに工夫してやってるんだってことが分かって勇気をもらったし、打てる施策がまだあるわ、と具体的に改善方法を思いつくことも増えて、やる気は復活していますが。

そういうわけで途中で頓挫したミーティングですが、それから1年後、どんな未来が待っていたかというと。

【1】私は社長を辞任して、(つ)の仕事をサポートするのが私の存在意義みたいな状況から形式的にも解放された。

【2】(つ)の仕事は1年前には物品販売だけだったのが、新しく教室運営が始まって認定講師さんも増え、今やそちらのほうが柱になる勢い。

どちらも、1年前には想像もしなかった未来ですが、それぞれに、望んでいた未来に近づいたのは間違いなく、良い悪いでいえば双方にとって良い未来が来ているんじゃないかと思います。

その意味で、石田麻琴さんが言ってた「1年続けたら絶対に、明らかな変化が起きます」「私がコンサルした企業全部で起きました」というのは、本当だなと。
毎朝のミーティングで、潜在的な課題が浮き彫りになり、浮き彫りになった課題はどうしたって解決に向かわざるを得ないのです。ほんとうに。劇的なまでに。

なので、石田麻琴さんのコンサルティングはおすすめできます。本も出されてるみたいなので読んでみてはいかがでしょうか。

私もいずれは、私のやりたい仕事のことでミーティングが開かれるような未来を期待しています。
はやく、寝ているときに思い浮かぶのが(つ)のプロモーション方法ではなく小説のアイデアになるといいな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク