この記事は2009年7月16日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【筆文字100万計画】Googleドキュメントと自分史チャート

タイトルは(仮)ですが(^^;
今月から1年間の予定で、筆文字ショップの売上を100万円/月にするプロジェクトを始動します。
経過は随時公開していくんで、お楽しみに。。

それで今、プロジェクト始動の準備として、今までの経緯と売上の推移、これから行きたい方向について、自分の確認の意味も兼ねてまとめています。

せっかくなの機会なので、噂のGoogle ドキュメントを使って作ってみました。
金額が見えちゃうので、公開できなくて申し訳ないけど(^^;

メニューは英語ですが、一覧表も、グラフも、チャートも、直感的に作れるし、そのまま共有もできるので、ちょっとしたものならこれで充分。

ただ、入力した時の反応がまったりしてるとか、印刷用のレイアウトの指定がいまいちだとか、細かい部分ではやっぱり物足りなく、本気で作業するならやっぱりローカルのエクセルのほうが快適ですね。

それにしても、こんな便利なツールが無料で使えちゃうとは。すごい時代になりましたねー。

ところで、今後の方向性を説明するために、30代からの自分の人生をさくっとチャートにまとめたら、自分でも「ああ、そうだったのか」と妙に納得がいったので、チャートのみ紹介しときます。

fukan

再三書いてる気がしますが(^^; 私、筆文字販売に関してどうにも納得できない何か、違和感みたいなものを感じてるんですが、もともと「わたしのこと」じゃなかったからなんですね。
ピンク色の部分が、わたしが自分で選択して行なってきた活動ですが、筆文字は降ってわいた災難というか、ワタシ的都合とは全然関係ないところから発生してきたものですからね。

当たり前のことだけど、図式にしてみるとすっきり理解できた気がするという。
ま、それだけのことですが。。

でも、これを見ていると、今回の筆文字100万計画は、とにかく100万円を売り上げる!という目標であって、必ずしもつとむの筆文字で100万円を達成する必要もないのかなぁと思えてきます。

だったら、今ある筆文字ショップで売れそうなものなら、別につとむの筆文字にはこだわらないかなとも思ったりして、以前は思いついていなかったような可能性にも気がつくことができて、可能性の幅が広がるのでいいことだなぁと思います。

目標が100万円というふうに数値化してあるからといって、数字さえ達成すれば幸せになれるかというと、そうじゃないし。
常に、自分がどうなりたいための100万円なのかを見据えていることは大切です。でないと、今度はその100万円に振り回されてますます不幸になったりしますからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク