[WordPress] BackWPupでデータベースとディレクトリのファイルをまとめてバックアップ

WordPressのバックアップ。

ふだんは意識しないけど、アップデートのときにバックアップをとってくださいと表示されると、そのたびに一抹の不安がよぎります。

以前からとりあえずデータベースだけは自動でバックアップするようにプラグインを入れていましたが、実際に万が一のことがあったら、WEBディレクトリのファイルが必要になる場合も。

特に、アップロードした写真。これがなくなると痛い。かなり泣ける。
記事データは、データベースに入ってるのでOK。

プラグインは消えても配布されてるのを再度インストールしなおせばいいから、とりあえず、何が入っていたかのリストさえあればいい。プラグインファイルってけっこうな容量になるので、むしろバックアップしたくない。

同じ理由で、WordPressのコアファイルも、バックアップは必要ない。

というふうに、特定のフォルダだけ指定してバックアップをとりたい。もちろんスケジュールを指定して自動で。

WordPressの場合、きっとそういうプラグインがあるだろうから探さなくちゃ…。

と思いつつ、面倒なので何年も放置していましたが、今回、お仕事で頼まれたサイトのために必要になったので、探しました。

ありました。

「BackWPup」。

ちょっとぐぐっただけですが、定番のプラグインらしいので、使い方はどこかをみてください。私が参考にしたのはこれ。
WordPressの最強バックアッププラグイン BackWPup | Web制作ナビ

本来、ここに書いてあるようにDropBoxなどの外部サーバーに保存するのが望ましいです。最悪なケースとして、レンタルサーバー屋さんがトラブルをやらかして全データ消失!という事故がときどき起きているので、そうなった場合、バックアップを同じサーバー内に保管しておくと、それもいっしょに消えちゃうからです。

なんですが、今回、諸事情でそれはやらずに、同じサーバー内にバックアップしました💦

上記のサイトの補足として、現在は翻訳ファイルが入っているみたいで、インストールしたら日本語でした。
説明の画像と違うので、逆に焦る💦

お客さん用のWordPressに入れて動作確認したら良さそうだったので、自分のサイトにも入れてみました。

自動でバックアップするためのジョブを、EasyCron.comというサービスを使って行う設定にしています。
自分でサーバーにcron設定するとか超めんどいので。

自動バックアップがちゃんと動作してるか確認するのに数日かかります。
また、バックアップからちゃんと復元できるかどうかの確認は、やってみないとわからないので、本番になるまでやらないと思います。(バックアップのzipファイルさえ残っていればなんとかなると信じたい)

zipといえば、ジョブの設定で、アーカイブ形式をTarGZipにしたら、エラーで保存できませんでした。原因は不明です💦 設定をzipに変えてやってみたら問題なくバックアップできました。

いちおう、テストで手動バックアップしたzipファイルをダウンロードして開いてみましたが、いろんなディレクトリのいろんなファイルやデータベースのsqlが、がさっとまとめて入ってて、この中から必要なファイルを使ってねって感じになってます。
googleサーチコンソール用のファイルもバックアップしてくれてるので、ありがたい。こういうの忘れがちなので。
.htaccessファイルもバックアップされてるはずですが、Macで開くと不可視なので見えません。ほんとに必要なときはMacの設定を変えて見つけないといけませんが、きっとあるだろう、ということで今回はパス。

以上、ざっくりですが、BackWPup ってすごいね、っていう話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク