WordPressアプリが意外に使えると気がついた件

つとむの楽筆を体験した人を対象に私がやっている、楽筆クリエイター講座 というのを、昨日また、4人目の受講者さんのために開催しました。

午前・午後、ツメツメで、がんばってやりました。

私も4回目なので、かなり要領よく、必要な情報だけでサクサク進んだのですが、昨日はそれに加えて、楽筆講師さん用の無料レンタルブログの使い方講習もいっしょにやったので、やっぱりずいぶん大変でした。

はじめて触るWordPressの使い方講習って、どうがんばっても2時間はかかります。講師用ブログはすでに7〜8回講習会をやったので、かなり講習内容も練れて精選されてるにもかかわらず、やはりいろいろ難しかったです。

でも昨日は新しい発見もありました。

WordPressに投稿する写真をスマホからWordPressのメディアにアップロードしたい場合、ファイルサイズが大きすぎて送れないという問題は以前から分かってて、スマホのアプリで縮小してからアップロードしてもらっていたんだけど、
「WordPressアプリ」
を使ってアップロードすれば、大きいサイズでもだいじょうぶなのでした。

なんてことだ!
なぜ今まで気づかなかったんだ!

ただし、WordPressアプリを使うためには、WordPress.comのアカウントを作り、自分のブログと連携させておく必要があるので、設定する時はややこしいけど、設定さえできてしまえば使い勝手はとてもいいようです。

写真アプリや、Googleフォトアプリで写真を選んで「共有」の選択肢からWordPressアプリを選ぶだけで、写真が投稿できます。もちろん記事も書けるので、日常的にスマホを使ってる人には、記事更新はWordPressアプリでやってもらうようにしとくのが良いかも。

ただし、ブログの外観の設定とか、メニューやウィジェットのカスタマイズなどは、アプリではなく、ブラウザで管理画面にログインしないといけないので、その違いを、初めてWordPressをさわる生徒さんが理解できるかどうか、というのはやはりちょっと、ハードル高いかな、という気はします。

ともあれ、以前は、インストールしたWordPressのほかに、WordPress.comがあるというのが、どう説明しても謎だったので、今回はいちばん最初に「インターネットは、サーバーが繋がったものである」という説明からはじめて、日頃はなじみのない「サーバー」という言葉をアタマにインプットしてもらうとこから、始めてみました。

そのおかげで、最後の最後に、WordPress.comのアカウントを自分のWordPressと連携することになったとき、「同じWordPressだけどふたつの違うサーバーにあるから、接続設定するんですよ」というふうに説明できたのでよかった。

…理解してもらえたかどうかは分からないけど、少なくとも、自分の中ではすっきり説明できた気がしてよかったです。

今回、受講者の方が現役の幼稚園の先生で、ブログはやってないけどfacebookの投稿は日頃からされていて、パソコンの操作にも慣れていて、もろもろ飲み込みが早かったので、とても助けられました。

いよいよ、若い人だけじゃなく、私の世代の女性でもWEBツールを使いこなして成果を上げていく時代が来ましたね。
その世代が、これから、子育てや親の介護や、サラリーマンのご主人のお世話終えて社会に出てきますからね。
みなさんが、自由に、自分の思うことを思うままに、やっていけるって、いいことだと思います。
ブログで発信できるようになることが、その一助となれば、うれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク