BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

【今日のMautic】個別に識別したものの、これからどうする?

EC-CUBE製のショップに、Mauticのタグを入れて、アクセスを計測しているのですが、今日、非常に珍しい「会員登録」をした人がいて、登録画面になにか仕込んであるわけじゃないので、登録時間をもとに目視でIPを特定して、履歴を見たら、どのようにサイト内を回遊して会員登録に至ったかを確認することができました。(※1)

さらに、この人は珍しい商品を閲覧していたため、ptengineの検索キーワードでも、その商品を含む3つの単語で検索したのだということが分かってしまいました。アクセスが少ないサイトなので全手動マーケティングです(..;)

さて。

こうして、名前・メールアドレス・検索キーワード・閲覧ページが分かると、だいたい、何を探して訪問したのかが分かります。

私はこのあとどうしたらいいでしょうか。

(その1) 再訪問を期待して、しれ〜っと、ブログにその商品について書く。あるいはその人が欲しそうな商品を「作れますよ」とか書く。(これ、いつもやってる手動マーケティング。アクセスが少ないサイトなので、アクセス解析を見てるだけで、ピンポイントで探されてる商品が分かることがある。)

(その2) とはいえ、その人がサイトを再訪問するとは限らないので、ここは積極的にメルマガを発行して、そこに、●●の季節になりましたね…今年はこんな商品を用意してみました…と、その人が探している商品について、なにか書く。そうすると、その人が再訪問するかもしれず、ここでようやく、自動マーケティングに持ち込むきっかけが掴める。

とはいえ、その人が探してるのはあまり売れ筋じゃない商品なので、何を書こうが売れる気がしない(10年間で2回くらいしか売れてない商品) 

それに対して、メルマガまで出す必要があるか?

…というところが悩ましいです。
たぶん出さないです。ブログは書くと思います。結局、いつもやってるルーティンです。

えっと、この話、具体的に、キーワードを書くともっと分かりやすいと思うんだけど、ちょっとやっぱり今は書けない。万が一にも、その人がこのブログを逆特定したら、何やってるかばれちゃう。こういうのって、あなたが来て見たものを私が知ってるということをあなたには知られたくない、そういう部類の話ですね。

しかし、ネットショップのSEOやマーケティングの実際の話って、ほんとに公開ブログには書きにくい。
別に、公開したら何か損になるとか、問題が起きるとは思えないけど、公開ページって、いつ誰が見るか分からないから。。。

って、いったい何いってるかさっぱりわかんないじゃん!

という人のために、そういう話をぶっちゃけ語りますよという会をやっています。
なんでも語ります!ご参加ください。

【Wooru】WEBよろず相談会
今週の金曜日。名古屋ナディアパーク9階で。19時スタートです。

※1:その後、Mauticのどこかのメニューに、特定のURLを踏んだかどうかで何かを判定できるらしい項目があったので、会員登録と購入完了ページのURLを登録してみましたが。何が起きるのか分かりません。。。。って、何言ってるんだ自分でも分からん(>_<)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク