この記事は2009年6月24日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

読書体験を共有できる貴重な場所

世の中広しと言えども、読む本の傾向が似ている人と出会える機会は滅多にありません。

私にとって読書というのは、息をするのと同じように日常の一部なんだけど、ふだんあまり話題にしないのは、読書傾向が合う人は滅多にいないから。
(うっかり好みじゃない本の話題になっても退屈なだけなので、なんとなくその話題、避けがちです)

ところがKIRAカフェで話題になる本はなぜかいつも私好み。
昨日は、SL24のミーティングが終わってから参加したので、話は終わって最後の数分だったんだけど、そこで出たのが『単純な脳、複雑な「私」』という脳の話で


すごく面白かったので、赤い本(『進化しすぎた脳』)も買ってしまい、そのあと娘に見せたらイラストがかわいい!とか言って2冊とも持っていって読んでいた本。
(有名なイラストレーターみたいです)

居合わせた人の中で「これはいい!」と話が盛り上がって、読書会をしよう!という話になりました。すごく楽しみでワクワクします。

…という一連の流れはセカンドライフ内の話なんだけど、趣味のあう人に出会って話ができるなら、場所はどこでもかまいませんよね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク