【宝塚】2014年版 花組エリザベート Blurayを ようやく見る

東宝版と宝塚版、両方が上演される今年。

なんだけど、まあ今年は見なくてもいいかなー、前回花組バージョンで、みっちゃん(北翔海莉さん)のフランツ・ヨーゼフを見て満足したし、Bluerayを見て終わりにしようっと!

と思って買った花組エリザベートのBluerayディスク。

これが…これが…(゚Д゚)
劇場で見たときよりも、明日海りおトートがステキで、彼(黄泉の帝王)なりの「熱い思い」がきめ細かく表現されていてどっきり。

劇場で見たときは、トートはけっこうめまぐるしく、しょっちゅう出てきてはごちゃごちゃ(死ねばいいとか、まだ死ぬなとか)言うので、その微妙な愛情表現には気づいていなかったのですが、アップで見るとまったく違う印象。

この花組版は、みりおちゃんのトップお披露目公演だったわけですが、やっぱり、特別な魅力のある人ですね。
何をやっても上品で。素晴らしい!今更ですが^_^;

そしてエリザベートは楽曲がもはや魔力。
見終わって3日くらいたちますが、朝、起きると頭の中で鳴っていたりします。

あ〜もう一度、これを生で聞きたい!

という思いにかられ、宙組エリザベートの東京公演のチケット予約をぽち。
抽選なのでどうかわからないけど、キャストを見るとなかなか魅力的なラインナップですわよ?
愛月ひかるちゃんのルキーニとか、どきどきしちゃう感じ?

宝塚大劇場が始まったので、見た人のブログを読むと、心配された真風涼帆のフランツ・ヨーゼフが絶賛されているし。
主演の朝夏まなとは、「銀河英雄伝説」で銀橋ソロを歌ったときは「…」って感じだったのがその後どんどんうまくなって安定の歌唱力だし、エリザベートを演じる実咲凜音ちゃんはもともと歌ウマなので、そっち方面は心配なし。

は〜、どんなエリザベートが聞けるのでしょうか。

先行抽選、当たりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク