この記事は2016年6月15日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【日記】Welcart、小説、エリザベートどうするなど

本日も Welcart+WordPress でせっせとショップ作り。

あと商品情報に掲載するために、写真も撮ってきました。こんなのとか、こんなのとか。パーツ重視です。

H-3148H-3146

Welcartは、WordPressのプラグインなので、気軽に導入できるっていうこと以外にも、なにかと使い勝手が良いです。
どう説明したらいいのか分からないんだけど、商品登録がすごくやりやすいし、SKUとオプションを組み合わせることで、かなり複雑な内容の注文も受けられるようにできます。
それに、まとめ値引き機能までついてるし。なにげにすごい。

無料でさくっと作れるショップの代名詞 BASE とは比較にならない高機能、と思われます。

EC-CUBEとは競合するようでいて、実はあんまりしないんじゃないかと思いますが、WooCommerceとは完全に競合しますよね。試しにインストールしただけで使ったことないので知らないんだけど。Welcartがんばって欲しいです。国産だしねー。どうやったら普及に貢献できるでしょうかー。

いずれにせよ、どのシステムを使った場合にも、トップページをどう構成するか、というのが頭痛いところかと思います。

Welcartも有料テーマではトップページにウィジェットエリアがあって、バナーとかテキストとか自由に入れられるようになっています。なのですがその他のよく使うような専用ウィジェットが、自分でCSSを調整しないと使えない感じなのは少し残念。テーマのキーカラーに合わせて全部変わる、という、昨今はやりのテーマがあっても良いような。誰か作ってー。

私はもうテーマ作りなんて到底できません。
1ページまるっとHTMLを組んだのは多分10年くらい前のことで、それもDreamweaverを使ってだし、それ以後は、CMSのテーマを改造してるだけなんで、部分しか見ないんですよね。
最近のレスポンシブなやつなんか、どういう仕組みになってるかさっぱり分かんないし。まあ自作する必要もないので全然いいんですが。


そして、本日の小説方面は、目に見える進展はありません。ですが、本日は主人公のジェニーの生い立ちについて考えたのでありました。なにしろ彼女は人間の遺伝子を使った人造人間=ヒューマノイドなので、生い立ちを語ろうとするといろいろ説明が必要になるし、どんな気持ちで成長してきたのかも、やはり普通というわけにはいかない。

当初は人間が進化して卵生になった設定だったけど、クローン技術の応用で人工的に「作り出される」存在のほうがすっきりする。でももし子孫を残さなくていい生物だというなら、生殖器官が必要ないので、思春期とかいうものもなかったりするのか?どうなのそのへん。性別はどうよ。

…みたいなことを、つらつら考えた。
でもって、多分、これは人間じゃなかった彼女が、人間じゃないかもしれない人々と交流するうちに、新たに人間性を「獲得」していくストーリーなんだろうな、と。ざっくり。

と、本日はこんなとこです。

そういえば
関係ないけど、今年は東宝版「エリザベート」と宝塚版「エリザベート」が両方上演されるので、どうしましょう。
名古屋は東宝版が来るんだけどまあ見なくてもどういう感じか分かるから、あんまりわくわくしない。
その点、宝塚版のほうが、下級生まで全員合唱の必死感とか、キャストがはらはらどきどきなど、いろいろ面白いし、歌うまな実咲凜音エリザは見る価値ありそう。

行くなら宝塚は東京公演ですが、名古屋中日劇場の東宝版の先行抽選のほうが先なので、どうしたものか悩ましいです。
 
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク