【EC】ネットショップ別館

現在のショップは商品を「用途」で分類しているんだけど、個人的には「色とデザイン」で選べるサイトがあるといいなと常々思っていたので、WordPress+Welcartでさくっと作り始めたのが6月2日。
ショップはWelcartをオンにして専用テーマに切り替えればすぐにできてしまうので、さっそく商品登録テスト。
超かんたん!
これは2〜3日でざっくりショップができちゃうかな、と思ったら甘かった。

もう一週間たつのに全然できない。

ちっとも作業が進まない。

なぜなんだ!…と考えてみたところ、ショッピングカートの問題ではなくて、商品をどのように分類→登録するか、というルールが決まっていないのが問題だったっぽい。

たとえばTシャツの例で言えば、ABCの3つのデザインがあり、それぞれに赤青黄色のカラーバリエーションがあり、さらにそれぞれについてSMLのサイズがあるという場合に、

  1. Tシャツ、という1点を登録して、その中で、デザインとカラーとサイズを選択してもらうのか。
  2. ABCという3点を商品登録して、その中でカラーとサイズを選んでもらうのか。
  3. それとも、赤いA,青いA,黄色いAというふうに全部で9点を商品登録して、それぞれの中でサイズを選んでもらうのか。
  4. あるいは、赤いAのS,赤いAのM,赤いAのL…というふうに、すべてのバリエーションを商品登録するのか、

というように、ひとつの「商品」もいろいろな登録のパターンが考えられるのだ。
だから、最初のそのルールを決めないと、何を商品登録するのか、どんなカテゴリーが必要なのか、ぜんぜん決まらないというわけ。

そのことがはっきり分かるのに、1週間くらい悶々としてしまったんだけど、なにで躓いているのかようやく分かったので、あとは順序よくできるはず。

いったんルールが決まれば、商品登録自体は簡単なので、どんどん進むと思う。(希望的観測)

今回のWelcartはWordPressベースで動いているので、ふだんブログと書く時と同じ操作で、メディアアップロードでどんどん写真をアップして、そこからプレビューを見ながら画像を選んで商品説明ページに挿入したりが自由自在。

さらに、TinyMCEでビジュアルエディターを拡張したり、商品情報になんども挿入するスニペット的なものを管理画面から作れるテンプレートのプラグインを入れたりと、WordPressならではの豊富なプラグインを活用すれば、FTPを使わず、HTMLのタグを手打ちすることもなく、どんどんショップが作れそう。

ショップが公開できる状態になったら、使ったプラグインなんかも紹介したいと思います。
Welcartの商品登録は簡単なので、どのように簡単なのかも紹介できたらいいなーと思うけど、できるかどうか。。。

あと、とりあえずこれは仮のテスト的なショップなので、カード決済はとりあえずペイパルでいいかなーと思ったら、なんと、ペイパルのビジネスアカウント登録が完了していなくて、そこからやらないといけないという事実が発覚。

画面の指示に従って本人確認書類の画像をアップしたら、Lisaさんというサポートの人からメールが来て、運転免許証は漢字の名前だけどペイパルアカウントはローマ字なので、漢字に統一するためにサポートに連絡してください、というので、わざわざ電話をかけたりとか。
予想外のところで、ちょくちょく、手間がかかるのでありました。

ペイパルはシンガポールに会社があるんだそうですよ。タックスヘイブン的な何かなんでしょうかねー。

いずれにしても、ネットショップって「3分で開店」みたいなサービスもあるんだけど、どんな簡単なシステムでも、たとえばあのBASEでさえ、商品情報や写真の準備の時間を含めたら、そんな、3分なんかでできるわけないですからね。

毎日ちょっとでも作業して、先にすすめたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク