BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

コメダでミーティング

昨日は楽筆セミナーの2回目があって、そのあと、参加してくれた古い友だちとつとむと3人でコメダでミーティング兼同窓会みたいな時間を過ごしました。

IMG_3100

今回のセミナーは、ふだんやっている教室とは趣旨が違って、2回セットで、1回目と2回目の間に宿題で字を書いてもらうのもあるし、それを参加者の人たちがどんどんfacebookに自主的にアップしてくれたおかげで、たいへん盛り上がりのあるセミナーになったのでした。 って私は参加していないんだけど(^^;;;

今年は最初から、教室方面を展開するってことになっていたけど、これでいよいよ、本格始動という感じです。今までの、商品を企画制作して販売していくことと、この「楽筆(らくひつ)」というのは、ぜんぜん違うし、かかわってくれる人たちもまったく違うので、新規事業をひとつ始めるようなもの。

それで先週1週間ずーっと、いろいろ私なりに考えて悩んだ結果、今回の楽筆プロジェクトには、基本ノータッチとさせてもらい、お金の出入りだけ管理するというスタンスをとらせてもらうことにしました。

目の前で盛り上がっていくプロジェクトに、以前の私だったら絶対に首を突っ込まないはずがなかったんだけど、今はとてもそんな気力がありません。

ほんとーに、奇妙なことに、今おきている状況は、以前、何年にも渡って、私が脳内で何度もくりかえし夢想した状況なのです。こんなふうに、楽しんで支援してくれるサポーター的な人たちが集まって、そこでいろんな知恵を出し合って、なにか、つとむを中心として活動の輪が広がったらいいのになーと、何度思ったことか。

それを狙って、名古屋でサロンっぽい集いを開いてみたりしたけど、いまいち盛り上がらず。結局、とりかかってから3年くらいたって、もうダメだと放置していたのが突然、火が付いた感じで。

きっかけはなんだったんだろうな。
ほそぼそと文化センターの教室をつづけていくうちに、学校のセミナーに呼んでもらったりして本人が自信をつけたことと、同時並行的にパワーのある生徒さんと知り合って、その方が積極的に集客に強力してくださったりと、小さなプロセスをたくさん踏みながら、ステップアップしてきたのかな。

でも、私自身はもう、今年の3月くらいからギブアップな感じになって、どうにもがんばれないし、どうにもやる気が出ないし、どうにもこうにも興味が持てない。なにからなにまで飽きちゃって、退屈で耐えられない、という状態。

かつてイメージしたとおりに状況が展開するのを見ても、いそいそとそこに分け入る気はしなくて、なにか、終わったドラマの再放送を見ているみたい。

多分、私はきっと、完全に新しい何かにチャレンジしたいんじゃないか、と思います。

商売だからって、本音を隠して建前だけでやる仕事じゃなくて、思うことをそのまま正直に、素直に、本音をそのまま言ってやっていける仕事がしたいです。
本音でやっていかないと、苦しくなって、途中でギブアップしてしまうから(今回みたいに)

今度は最初っから本音でふるまって、それでOKっていってくれる人と出会って、新しいつながりを作って、ほんとにじぶんが興味を持ってることをそのまま言ったり書いたりできるような状況が理想です。
 
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク