【読書】「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」で感動して(;_;)

面白そうなエッセイだなと思って読み始めたら、予想外に、大感動してしまいました。

動物って…

動物って…

思えば私のがこの道(読書道というのでしょうか)に入ったきっかけは、年長組のときに少年少女文学全集で読んだ「シートン動物記」で、それまでただの獣と思ってた動物たちに、それぞれの思いがあり、ドラマがあると気がついた(あるいはそう思い込んだ)ことでした。

この本から受けた感動は、シートン動物記に最も近くて、筆者のユニークな感情や行動を超えたところにある何かなのでありました。

このライターさんは、文章自体は特に美文名文じゃないけど、お話の核心をとらえるセンスと、文章の構成力があるの人なのかなーと。
(そんなに分析的に読んだわけじゃないのでよく分かりませんが)

とにかく、すばらしいお話でした。
Kindle版しかないのかな?
まあ、モバイルに最適化された(?)簡潔で読みやすい文章なので、紙の本である必要は特にないかも。

最初のほうはWEB上で無料公開されています。
でもさすがに、縦書きになってるほうが読みやすいので、Kindle版で読む方がきっと良い。

【連載】今日も牧場にすったもんだの風が吹く | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク