この記事は2009年6月5日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

クロネコWebコレクトの収納代行は100個/月の「出荷実績」が必要だそうです

前回のつづき。報告です。

結論から言うと、クロネコWebコレクトの審査は通りませんでした。
Webコレクトっていうのは、カード決済、代引き、コンビニ払い、Edyその他、たくさんのサービスを「まとめて代行」してくれるサービスのことなんですが、今回の場合、コンビニの収納代行がネックだそうで、今までの実績で、クロネコヤマトにたくさんの荷物を出荷している実績がないと、通せないそうです。

具体的にいうと、うちの場合、1ヶ月に30個〜50個くらいの出荷数なんですが、そんなレベルでは通せなく、月に100個以上が目安だそうです。

実はちょっと知人から頼まれて、筆文字とは関係ない、アイデア商品の販売を予定していて、こちらはアフィリエイトなどを活用するので短期間にばーっと売れる可能性もあったりするんですが、過去の実績しか考慮しないそうなので、まず他の決済方法で大量に売って、それからクロネコWebコレクトに申し込んでください。

特にコンビニ払いを希望する場合は、対応した機種のプリンターを買って、専用用紙に打ち出しテストをしないと申請ができないので、月に100個以上の出荷実績がない方は申請をやめたほうがいいと思います。プリンターの購入代が無駄になりますから。
(100個以上あれば必ず通るかどうかは知りません。あくまでも、そういうふうに言われたというだけなので)
これからクロネコWebコレクトの導入を検討されている方は、参考にしてください。

でも、コンビニの審査は厳しいけどカード会社の審査は通っているので、カード決済だけなら利用できると言われました。

これについて私の対応としては・・・

・カード決済だけなら、わざわざクロネコでやらなくても、PayPalのほうが情報がいっぱいあって導入が簡単だし、お客さんが利用するにもインターフェースが分かりやすくて使いやすいと思うので、PayPalを使います。だから審査を通してもらっても利用しないけど、それでもよければ手続きを進めてください。

・送り状作成ソフトのB2を使ってくださいというけど、ネットの注文はEC-CUBEなりレンタルカートなりで顧客管理ができてるのに、なんでわざわざB2を立ち上げて住所や名前をコピペして、さらにトナー代うち持ちで送り状を印刷しないといけないか理解できません。宛名くらい手書きしたほうがよっぽど早いです。今まで通りに、クロネコさんで打ち出した送り状を使います。

・・・というふうにお伝えしておきました。

まとめ
クロネコヤマトは配送に利用しましょう。
WEB決済代行はやっぱりちゃんとしたところで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク