この記事は2015年8月29日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

WordFes Nagoya 2015 開催中


WordFes Nagoya 2015

今日はWordFes Nagoya。開催中っていうか、今日開催されました。書くのが遅いっ(>_<) もう終わっちゃったし。

ちなみにこのバナーの「祭」の文字はつとむが書きました。ありがとうございます、ありがとうございます。…ってこれも書くのがおせーよ!(>_<) 

泊まりの研修(?)もあるので、そちらのUSTREAM中継は夜中じゅうずっと行われるんだと思います。多分、動画配信でいちばん面白いのはこの部分かなと。登壇者だけでなく参加者も多数、登場すると思われますし…
今からでも間に合うかたはリアルタイムでご視聴ください。

本編については、私は午後から2セッションほどUSTREAMの中継を見ましたが、録画版も、配信可能なセッションについてはこちらのページで順次公開されるそうです。後日、ご覧ください。
Ustream 配信と YouTube について – WordFes Nagoya 2015

WordFesというのは、WordBenchという日本のWordPressコミュニティのオフィシャル的な勉強会を名古屋で開催しているグループが中心になって、毎年開いているWordPressのイベントです。
わたくし、実は第1回の実行委員でして、今回のWordFesのブログで、第2回・3回の実行委員長の小野さんがWordFesの歴史を振り返る中で私の名前を紹介していただいたりして、光栄至極であります。
WordFes開催まであと15日!イベントの企画運営をしているWordBench Nagoyaコミュニティのことを紹介します! – WordFes Nagoya 2015

今頃書いても遅いって?すみませんっ!
とりあえずブログのお礼を言いたかったけどどこで反応すればいいか分からなくて〜、facebookに流れてきた記事にコメントすればよかったかなぁ…。

それにしても、私は2011年からこのかたすっかりWEB制作関連の勉強会から遠ざかっているので、当時の知り合いが今日現在WordFesの会場にいて、USTで声が聞こえたりするのはなんだか、バック・トゥ・ザ・フューチャーっていうか、和風に言えば帰ってきた浦島太郎っていうか、なにかしら、時空を飛び越えて戻ったみたいな、奇妙な感覚を味わったりもできました。

2015年現在、何であれ直感的に使えるってことが重要

で、私は本日、2セッションしか聞いていませんが、以下の便利ツールを知りました。

Jooto という直感的に使えるToDo管理をするWEBサービス
http://www.jooto.com/
GOODTIME という直感的に動画が撮れるアプリ

GOODTIME -あなたが作るCM・PV動画- グッドタイム – Nagisa-inc.jp.

あとKatzさんのセッションの最後で紹介されてた、動画を入れれるスライドショーのプラグインも要チェックだと思いましたが、名前を忘れた…後日スライドが公開されたら確認します。

とにかく時代のキーワードは「直感的にわかる」ってことで、WEBサイトに動画を入れるのも、以前のようにイメージ戦略とかじゃなくて、ぱっとみて分かるように、ややこしい説明抜きで動画で見せるという意味合いになってきてるので、うちでもなるべく動画は取り入れていきたいなとは思っているのですが、優先順位が低いのか、いつも後まわしに…。

これはぜひJootoに登録して、タスク化しなくてはいけませんね!


というわけで、WEB制作業界にいなくてもときどきはこうしたイベントに参加して、刺激をもらったり、ちょっとした新しいTipsを仕入れたりして、常に情報をリフレッシュしないといけないなーと。

何にしても、潮流はどんどん変化していくので、振り回される必要はないけど、そういう流れなんだなって、知っておくことは必要だなと思った本日のセッションでした。

多分だけど今年、2015年はひとつの境目の年で、これ以後はデジタルネイティブな若い人がネット業界を牽引していくことになるし、より早く、より安く、より直感的に、物事はなっていくので、私としては必要以上にいろんなことを深追いせずに、時機が到来するのを待つのが吉かなと。

今年になってからずっと悩みの種だったGoogleのアルゴリズムにもまた大きな改変があったみたいで、圏外だったいくつかのキーワードが戻ってきたりもしていて、ありがたいのはありがたいんだけど、その変化はうちの施策の成果ではなくて完全にGoogle側の都合なので、なんだかなぁと思ったりもします。

結局あれね、待てば海路の日和ありってやつ?

じたばた対策をすればするほど経費もかかるので、自然に浮上するまでじっと待つっていう作戦が、もし待つ体力があるのであれば最適な解だったりするのかも。

なんだかあほらしいような気もするけど、人生って全体的にそんな感じで、必死にがんばっても、のんびり行っても、最終的に行き着くところは同じだったりするのかもな〜と、思ったりする、今日この頃でもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク