BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

激重Windows7が一瞬でサクサクに戻った理由は…

Windows7だけでなく、それ以前のバージョンから思っていたことですが、ほとんど使わずに放置してるだけなのに、Windowsの動作がどんどん遅くなる。
私はMacユーザーなので、Windowsマシンは会計ソフトを動かすときくらいしか使わない(およそ1ヶ月に1回くらい)

それなのに立ち上げるたびに重くなって、最近ではデスクトップが表示されてから何かのファイルやアプリを開くなどの操作をするのに10分以上かかる。
しかも、1クリックの動作が終了するのに、ぐるぐるマークが回って数分かかる状態。

なんの操作もできない!使ってもないのに廃棄物状態!

これが昔のMacとかなら、起動項目を外してアイコンパレードを短くするとか(っておい!いつの時代の話だ!)いろいろ対策のとりようもあったけど…とはいえ昨今のOSXでは、そういう手立てがないというか、滅多に挙動不審にならないので処置を調べる必要もなくて、シロウトレベルで手出しできることがなくなってしまいましたが。

それで困ってしまって「windows 遅い」「windowss 激重」「windows 使えないほど遅い」とか、ググると同様の症状で困ってる人の質問がいっぱい出てくる。だけどそれに対する回答はどれも、ディスクのクリーンアップだの、メモリーを積みませだの、そんな技術的な回答ばかり。

使ってもないのになにがクリーンアップ、なにがメモリー増設!

絶対に違〜〜う!

で、結局原因が分からず放置すること数年。

途中でWindowsマシンを新調して、しばらくは快適だったけど去年あたりからまた駄目で、最近ではほんとうにほんとうに30分待っても動かないくらいになっちゃって、

もう駄目だこれ。
意味がわかんない。
だからWindowsなんて嫌いだ。

と投げやりな気持ちになっていたのですが、突然、原因を見つけました。
なぜそれに気づいたのか、よく覚えていません。
でも気づいてしまえば、なぜ今まで気づかなかったのか、そっちのほうが謎です。

その方法とは…
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

Dropboxをアンインストール

   ↓
   ↓

たったそれだけ(~_~;)

きっかけはたしか(DropBoxはかなりたくさんのディレクトリを同期する設定だったので、もうちょっと少なく、最小限でいいのでは?)と思ったことで、設定を変えようとしたら設定メニューが表示されなくなっているのに気づいて(右下のメニューバーみたいなとこに表示される小さいアイコンが反応しない状態に)
それで、どうやらDropBoxが調子悪いかもと思ってアンインストールしてみたら、あらまあ!
ツルツルと快適に動くではありませんか!

結局、あんまりたまにしか使わないので、DropBoxが最新のファイルに更新する作業に時間がかかりすぎていつまでたっても終了しない状態だったのが原因なのか、それともDropBoxが反応しない状態が原因でWindows全体の処理が遅くなっていたのか分はかりませんが、とにかく、DropBoxが存在しない状態ではすいすいサクサク動いてます!

気持ちがいいのでついでに不要なアプリケーションをいろいろ削除して(エプソンのドライバといっしょにはいっちゃった余計なソフトとかそういうやつ)すっきりさわやか。気分は新品♪

エクセルファイルなんかが「パッ」と開いてツルツルっとスクロールできるのは気分がいいですね(笑)

あんまりうれしいので、ネットのQ&Aサイトにいっぱい投稿されてる「windows 使ってないのに激重」の質問に回答しちゃおかなと思うほどですが、みんながみんなDropBoxを使ってるわけじゃないだろうから、Windowsのこと全然知らないのに余計なおせっかいするのはやめとこうと(^^ゞ

というわけで、こちらが当ブログ始まって以来の(?)Windowsに関する記事でした。
どなたかのお役にたてれば幸いなり。以上!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク