この記事は2009年6月5日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

GoogleAnalyticsのエベレスト様形状について

10とか20とか時々40くらいを推移していた当fusiginekoブログですが、今年の5/6にセッション数256を観測して以来、50、60時々100な感じで最低ラインが上昇いたしました。

5/6に何があったかというと、それはNHKでジャック・アタリの緊急インタビューが放送された日で、当ブログ内の「21世紀の歴史」の読書記録にジャック・アタリ関連キーワードでアクセスが集中した結果、突然のエベレスト様形状がGoogleAnalyticsのグラフに出現したというわけです。

※今Googleで「ジャック アタリ」で検索したら2ページ目に出てきます。
この間書いた「村上春樹 1Q84」がずっと後ろなのは、競合が多すぎるせいですね。
なんのかんの言って、ジャック・アタリは、村上春樹ほどたくさんネットで言及されていないってことだと思います。

このエベレスト型のグラフを見て、以前、SecondLife内のショップ運営のセミナーで、NekoLinkさんがおっしゃっていたトラフィックの話と共通するものがあるなーと思いました。

※セミナーでは、SL内のショップでイベントを打って集客するたびに、イベントのない平日のトラフィックの平均値とか、リピーターの数が上昇していく様子をグラフで見せてもらって、こうやって「お得意さん」「リピーター」「ファン」を増やしていくんだよ、と教えてもらいました。

商品を販売してるわけじゃないので、アクセス数にはあまりこだわりはありませんが、今まで、ページ数の多いコミュニティサイト(SLCOMみたいな)は別として、ジャンルを特定しない日記みたいな個人ブログで100を超えるようなことは、あまり経験がないので、ちょっとうれしいです。

あまりバカな話ばっか書いてないで、読めば何かの役に立つかもしれないような、価値ある情報を提供できるfusiginekoブログになりたいものですが。。書いてる本人が「アリとキリギリス」なら間違いなくキリギリス的な、勤勉さに欠けた生産性の低い人間なんで、やっぱ無理かも。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク