この記事は2009年6月2日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

Mac用Social IME「Social IM」をインストールしてみました

この間、MacBookProのHDを初期化したついでに、最近の「ことえり」はどうかなーと思ってしばらくことえりだけで過ごしてみました。
最初の頃を思えば天と地の差。
間違わずに変換するときがある!!…と感動できたのは最初の数日で、やっぱり文節の区切りを間違えたり、簡単な文字が出てこなかったりするおバカ加減にだんだんイライラが…。

ずっとEGBridge派だったのですが、開発をやめちゃったという噂も聞くし、そろそろATOKでも買うかなぁ〜…と思っていたら。

facebookでSocial IMEのMac版があるよって教えてもらったので、さっそくインストールしてみました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~lifeaether/SocialIM/

なんと、オンラインで動作するIMEなんですよー。
ユーザー辞書がローカルにない!!
当然、ネットにつながってないと使えない(笑)

でもたくさんのユーザーから学習するため、今現在ですでに、相当利口です。
顔文字だって最初からちゃんと入ってるしーv(´∀`*v)ピース

ただし

Social IME を使用した入力変換では、入力変換をおこなう文字が、すべてそのままネットワークへ送信されます。したがって、入力した文章が第三者にすべて見られる可能性があることに注意して使用してください。

ということですので、機密文書を編集する場合は使わないほうがいいかも。私の場合はどうせ全部ブログ等で公開する文書なので全然オッケーですが…

▼参考
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/02/027/index.html

http://www.moongift.jp/2009/03/social_ime_client_for_mac_os_x/

▼iPhone用とかAtok用のプラグイン、そしてAndroid用まで、開発されているようです。
http://www.social-ime.com/clients.html

と、ここまで書いてきた感じで言うと、変換の信頼度はバッチリだけど、変換の学習が遅いかなという感じがします。同じ単語を何回も変換させてると、ことえりの場合、数階で確定させた文字が上のほうに出てくるようになるけど、Social IMにはそういう細かい学習能力はない、あるいは時間がかかるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク