BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

不思議商品開発①

この記事、最初はつとむのブログに書いたんだけど、なんとなく、あちらの読者はこういうの興味なさそうに思えたので、こっちにアップしなおします。
まあ、考えてみればこれは私の個人的な日記だし。
それに私も、どうせ投稿するなら誰かに読んでもらいたいしね(^^ゞ
ではどうぞ。

始まりはいつもふとした思いつき

この間、夜中にふっと、「写真付きボードって、なぜいつも無地の紙がベースなんだろう。花柄だっていいんじゃない?」と思ったってことを、今朝、突然思い出し(^^ゞ、ちょっと耕望に行ってきました。

耕望にはサンプルとして買った紙や素材がいろいろと置いてあるので、思いつくままに並べてみました。
現行の商品では、写真は四隅に切り込みを入れた台紙に差し込んでもらうのですが、その台紙が花柄の背景紙に合うかどうかが心配でした。

たまたま、切り込みの入った台紙がなかったので、切り込みを入れるまえの四角い紙のまま、写真を乗せてみたら…ん?これでよくない?

そして、額を上に置いてみると…

試作1

うん?
いい感じ?

目を細めて見てみる。

いい!
いいじゃん!
別の色はどうかな?

試作3

あっ!
これもイケル。可愛い!

形はともかく、色の組み合わせ的にはばっちり決まっっている感じ。

写真をとって、つとむに見せたら「いいじゃん!」と気に入ってくれたので、次は試作品作りです。

〜つづく〜


…ってことでたいした内容でもないんだけど、こういう、過程を見せる「店長ブログ」ってどうなんだろう。

なんとなくの感覚なんだけど、どうも、ショップに来る人の興味は商品に集中していて、商品に関係ないことには目もくれない感じがします。読まれてるブログ記事のランキングでも商品名がタイトルに入ってるのが目立つし。

そういえば自分も、必要なものがあって探してる時、店長ブログなんてほとんど見ずに、商品の情報と送料や支払い方法を熟読します。

店長ブログを熟読するのは、だいたい、そのサイトを研究してる時だけ(爆)
…というのは冗談ですが、まあ、ちらっと見て超おもしろそうじゃなかったらまず読まない。退屈だし。店の話ばっかで。

基本、ブログを読むのは、情報が欲しい時。
買い物をする時は、商品自体が情報なので、それについては知りたいけれども、制作者の意図とか都合とかは、あんまりどうでもいいかなと。それより、商品がどんなスペックで、どれくらいお値打ちなのか、そのほうが重要ですね。

店長ブログは、Googleのロボットに「更新してますからねっ、ほら、毎日!」とアピールするために書くものなんですね。
現実的に、商品だけだと毎日更新なんてとうてい無理なので、どうしてもブログに頼らざるを得ないので。

だからブログはGoogleさんが喜ぶようなものを書けばいいんだよね。
でもときどきは人間も読むからな。あんまりへんな文章を載せとけない。
油断大敵(なんのこっちゃ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク