宇宙人とUFO、象と象使い。「スイッチ! 〔新版〕― 「変われない」を変える方法」

alien

そういえば、しばらく前からブログの背景に宇宙人の絵を使ってるんですが、パソコンでアクセスしてる人にしか見えてないかなー。
この宇宙人、可愛いでしょ?

本当は記事のタイトルの前に飾りとして使いたいと思ったのですがー、どういうわけか、CSSやテンプレートに追加してもダメでした。
どこでその部分を出力してるかよく分かんないんですよね。。
時間をかけて探すの余裕もなかったので、宇宙船の絵といっしょに背景に使うことにしました。

ただ、みるたびに思うんだけど、背景用に画像を縮小した結果、宇宙人の左側のUFOが ウ○チ のように見えませんか? 小さくしちゃったせいで、言われなきゃUFOには見えないですよね。

まあ…いいんですけどね。


今日は、ひさびさにのんびりしました。
iPhoneのWOWOWアプリで「エクスタント」の3と4を見ました。
(私用のiPad第1世代は古すぎて、Mac本体はSilverLightがどうのこうので、WOWOWが見れなくなってしまったので)

…あれはきっと宇宙人。
展開が侵略征服・陰謀系な感じになってきました。
正体がまだ分からない存在と、それとは別に人間そっくりの子どもの形のアンドロイドが、どうからむのか、まだ不明です。。。


それから、昨日は面白い本も読みました。

ちょっと前の本のようだから、もうみんな読んだかな?(^^ゞ

人間の行動を、象と象使いにたとえて説明していて、簡単に言えば理性と本能、頭と心、顕在意識と潜在意識、みたいなものだと思うんだけど、常に楽しくしたいのんびりしてラクなのがいいという象を、象使いがむち打って働かせてる図が、すごく腑に落ちて、面白く読めました。

そうなんだよねー、筆文字の仕事は大切で収入を得てるんだし、買ってくれた人にも喜んでもらってるんだから、もっと応援しなきゃ、サポートしなきゃ、と、象使いがどれだけ言っても全然動けなかったのは、私の中の象が反抗してそっぽを向いちゃったからなんですよね。

そして、嫌がる象を無理やりここまで連れてきた象使いのほうも、もうたいがいうんざりだわーとギブアップしちゃったんです。

象だって休ませてあげなくちゃね。
いくら大きくて頑丈でも、かわいがっていたわってあげなくちゃ、長生きはしません。
象も象使いも、案外繊細でもろいんですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク