[続Akismet] サポートに英語でメールしたら速攻お返事来たよ(^^)v

昨日の補足。
Akismetにうっかり年間36ドル支払う設定にしてしまったのをキャンセルした話を昨日書きましたが、
実は、その方法を見つける前に、送られてきたメールにかいてあったサポートのメールアドレスに、キャンセルしたいというメールを出していたのです。

でもまあ、返事は早くて1日後くらいだろうと思って、放置したまま寝るのが気持ち悪いので、自力でキャンセルする方法を探したのですが、キャンセルに成功してブログを書いて、さあ寝ようと思ったら、サポートからメールが返ってきました。

はやっ!

それで、これは紹介しなくてはペンを取りました(というのは言葉の綾で、キーボード叩いてるんですが)

では、私がどんなふうにメールを書いたか、超はずかしいけど紹介します。

最初に私が出したのは…

Dear Customer Support, 

I orderd this by mistake.
I intended to choose the free course.
Can I cancel this order?

あー、えーと、英作文はもっぱら 英和辞典・和英辞典 – Weblio辞書 のお世話になってます。使えば使うほどつぎはぎだらけの感じになりますが。

で、この文章の下に、金額が入った領収書メールをまるごとつけたまま、送信しました。
そこに顧客IDなど必要な情報が書いてあったからです。

今、これを書くために送信済みメールを探したら見当たらなくて、なんと、自分のではなく、仕事関係で閲覧だけしているつとむのgmailから送信していました。相当テンパっていたことが分かります(O.O;)(oo;)

それはともかく、返ってきたメールを許可なくコピペしますと…

Hi there,

Our Basic level is pay what you want, and can be anywhere between $0 and $120 – depending on your choice when you check out. The recommended contribution amount is $36, and it sounds like it was not changed to $0 when you were checking out. I’m sorry about the trouble!

I see that your account had been changed to the free plan already, and the $36 was refunded. Please feel free to continue using your API key, *********

All the best,
*****

こういうの私信じゃないんだろうけど、名前のとこ消しました。アタシのAPIキーと(^^ゞ

ん〜、対応が早いのも感動だったけど、それより、最初のメールでアタシの言いたいことが伝わった!というのがうれしかったです(^^ゞ まあ、cancel っていう一語で言いたいことは分かるだろうけど。

WordPressやAkismetを開発しているAutomattic社には、コードを書く人とは別に、エバンジェリストというのか、各国でWordPressを盛り上げる役割を果たすスタッフがいて、「ハピネス・エンジニア」と呼ばれているのですが、ただのサポートとは違ってフレンドリーで愛があるってのが、とても特徴的です。

ただ使いやすいから広まったっていうだけじゃなくて、あちら側からも歩み寄ろうとしてくれるし、こっちからの働きかけにもウェルカムな雰囲気で対応してくれるというのが、WordPressがここまで広がった背景にあるのかなーと改めて感じました。

折しも、日本の「ハピネス・エンジニア」の高野直子さんのブログが。

ハピネス・エンジニア改め、「グローバライザー」 | ja.naoko.cc

肩書きを自由に変えられる、ですって?!
めちゃくちゃ面白いですね。
どういう感覚なのか想像がつきません。楽しそうな会社ですね。
アタシも英語ができてコードが書けたら、そういうところに身をおいてみたかった、かも。。(^^ゞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク