この記事は2009年5月25日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

筆文字サイトが↑42.50%な件について

先日GoogleAnalytics勉強会に参加したあと、素材の無料配布ページを閲覧停止にしてブログを書いて、翌日Analyticsをチェックしたら、アクセス激増!!
(下図参照)

640_20090525_0738291

ちょうどその日(5/19)に急増しています。
「無料」「素材」などのキーワードからのアクセスが相当あるので、そのページを閉鎖したら、アクセスは減るはず。
(にしても、変更が反映されて、結果に影響が出るには数日かかるはず)

ちょうどその日にアクセス激増なんて、理由がわからない…と思って考えていたら、思い当たりました。

そういえば、新筆文字ショップの、shop.fudemoji.jp というドメインを、本家のfudemoji.jpのプロファイルに追加して、合算表示させるようにタグを入れ替えたのでした…(^-^;

ふたつのサイトが合算されるので、増えてあたりまえです
でも…shop.fudemoji.jpは、まだ公開して間もないため、アクセスは微々たるもので(30〜40くらいでした)、合算したからといって、こんな数字になるのはちょっと、ありえません。。

で、「もしかして?」とYahoo!で検索してみたら…
「筆文字 ウェルカムボード」で堂々の1位に!!
yahoo1

「和風 ウェルカムボード」でも1ページ目にいます。
(ちなみにGoogleでも似たような結果です)

これだわ。

確か、ちょっと前まで3〜4ページ目まで落ちていて、「最近更新してないし、まーしょうがないなー」と思っていた順位なのですが、いつのまに入れ替わったんでしょう。

もちろん、対策はなにも打ってなくて、ただ放置していただけなので、この1位は私の努力の結果ではなくて、あちら様の事情によるものです。

理由はともかく、たくさんの人が訪れてくれるのはありがたいことで、注文数にも反映されている(ような気が)しています。

でも、上位に入った理由がわかんないので、次に落とされたときにどうやったら這い上がれるかわからないし、すべてはあちらまかせの状況で、こういうのってなんだかなぁ…と思います。

サーチエンジンを相手にじたばたするより、アクセス解析をちゃんと見たほうが、もうちょっと、動きの理由も理解できるし、手の打ちようがいろいろあって、精神的に健全でいられる気がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク