本の重複買いとJetpackの話

WordPressの”純正”プラグイン Jetpack のアクセス解析はすごくシンプルで、ひとつのページでアクセス数と、アクセスされたページのタイトルと、検索キーワードがひと目で見られる。
(※ブログの管理画面でも見れるけど、wordpress.comで見たほうが、棒グラフ内で訪問者数とページビューが色分けされていて便利)

特に、アクセスされたページがURLではなく、タイトルでランキング順に並ぶのがありがたくて、おかげで「なにこれ!」というような、意外なページが見られているとき、すぐ気づくことができる。

今朝もひとつ、下記ページが閲覧されていたんだけど…

[本] 暁の円卓 / ラルフ・イーザウ | 不思議猫ブログ

ち…ちょっと待って、私、そんな本、読んだことないから!

いやいやいや…、自分が貼ったリンクを押してAmazonの解説やら書評やら読んでみたけど、そんなストーリーの物語は読んだことがない。絶対にない。

…だけど読んだんでしょうね、こうして記事を書いてるんだから…

(~_~;)

ほんと、図書館で借りた本って、恐ろしいほど記憶に残らない。
今まで大量の本を図書館で借りたけど、いったい何をどれくらい読んだやら…

読んだものは自分の中にいくらかは残って血肉になってると思うけど、出典として、または資料としては追跡不能です…(~_~;)

記憶がないといえば。
この間、耕望から持ち帰った文庫本を棚に並べたら、同じのがあちこちに…

これとこれ

これとこれ

「いつかどこかで」

そしてこれ

アーサー・ヘイリー「ホテル」

こちらはダブルで!

あと、宮部みゆきも何冊か重複していますし。

やっぱりこう、本屋さんみたいに、作家別にずらーっと並べて、いつも眺めるようにしてないとダメなのかも。
Kindleとかで一元管理するのもいいけど(買うときに「あなたは○月○日にこの本を買いましたって、メッセージが出るし)
現状では全部の本が電子化されてるわけじゃないし、なにより、中古の本は1円(+送料)で買えますからねー、Kindle本、高杉。

…というわけで、みなさん、本の重複買いにはご注意ください。
あと、WordPressを使ってる人はJetpack、オススメだよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク