【日常】集中力の欠如について

今日はがっつり時間があったんだけど、どうも集中力がなくて、つい佐藤優の動画を見て現実逃避をしていました。

この方は明らかに、文章よりしゃべりのほうが得意なようです。しゃべりはとても面白いです。今は特にイスラム圏やウクライナ方面のこみいった事情を分かりやすく語ったまじめな動画もたくさんあるんだけど、個人的にはこのへんが気に入りました。

佐藤優の裏話「ランチでわかる諜報部員の見分け方」

お昼に1万円以上のご飯とワインをごちそうしてくれる人には要注意だそうです(笑)

自動でオススメされる動画をつづけざまに何時間も聞き続けた結果、世界は今や、イスラム国に支配されそうになっていると思えてきました。世界がみんなで醸成してきた文化水準を無視して、中世に戻ったような価値観を世界に強制しようとする彼らは現代のナチスで問答無用。対話だなんてぬるいこと言ってる場合じゃなくて、徹底的にたたきつぶして壊滅すべきとのことです。

確かに、増殖するがん細胞にも一分の魂があるんだろうから、切除なんかしたら可愛そう、というふうに思わないのと同じで、人類全体の自由と平和と進歩と発展を壊滅させる可能性がある一部の人間は、早いとこ切除したほうが良いかもしれません。
人類全体という概念を頭の中に描いて考えると、確かにそう思えてきます。

佐藤優の動画を見て(聞いて)いると、世界は紛争の火種に満ちて、今後の世界は危険になる一方と思えてきました。くわばら、くわばら。

ちなみに、私がふだんYouTubeでリピートして見てるのは、このへんの動画…

エックハルト・トール~「さとりの入り口は今ここにある」

猫 バシャール Cats, Bashar

”猫は、次元間の境界をすり抜ける小さな存在として現れることがあります”

そうなのです。
世界を作っているのは意識です。
目の前に見えている現実は、実は私の意識が創り出している幻影なのです。

ですから、凶悪なイスラム国が世界を震撼させるという現実もまた、私の意識が創り出した幻影であって、私はそんな幻影にとらわれるのをやめて、自分の内側に意識を向けて、いつも「今ここ」にいることを心がけようと思います。

そして永遠の夢を見る。
チーン…

そういえば、ついでにこんなのも聞きました。

ガクト(GACKT)「集中力するポイントを極めると世渡り上手になる」

何をやっても成功しない間の悪い人っていうのは、集中すべきポイントで集中できない人だそうです。

そうだ、今こそ集中すべき時なんだ。
動画なんか見てるばあいじゃない。
今だけでいい、お願いだから、がんばってくれ>自分!

明日こそ、がんばるぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク