BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

【個人的な日記】言いたいことはきっちり言うのがオトナってもの

昨日は明日海りおの大劇場「カリスタの海…」の一般発売の日だったけど、めざす日時が貸切公演になっていて、それがネットでは販売されないってのをあんまり理解してなくて、結局買えませんでした。
他の日なら買えたけど、梅田の「TOP HAT」を取ったからついでに同じ日に大劇場にも行けたらいいなーという事情だったので断念。
ダブルでとるのってけっこう大変なのね。
去年、東京で花組「エリザベート」と雪組「伯爵令嬢」をダブルで見れたのはラッキーだったのかもしれない。

宝塚の大劇場は一回だけ行ったけど、やっぱりなんだか遠いわぁ。
うちは、東京ー宝塚のちょうど真ん中くらいに位置してるんだけど、東京のほうがラクな気がします。
宝塚には行き慣れてないのもあるでしょうね。

次女に大劇場デビューをさせてあげたいな、と思ったんだけど、まあ無理せず、北翔海莉さんの大劇場お披露目の時に再トライします。(こちらもチケット争奪戦になりそう…)

ーーー

さて。
本日の個人的日記ですが、facebookではちらとつぶやかせていただきましたが、数日前、超むかつくことがあって、2日くらい、あんまり怒れて仕事が手につかないくらいだったので、思い切って本人に言いました。超むかつくって。あんたのことなんか大嫌いだって。

なんか、今までも同じようなこと何度か言ってるけど、今回は、結果を気にせず思ったことを全部言いました。
今までは、言い始めると相手がへこむので、なんか自分が悪いような気がして、あいまいな言い方をしたり、逃げ道を残すような結論にしてたけど、今回は、相手の顔もみずに一方的に言いまくりました。

いつものように相手はくしゅ〜っとへこんで顔も上げなかったけど、今回はそれを見ても悪いと思わなかったし、それどころか、いちいちそうして被害者面して、私に罪悪感を抱かせるというのは、彼がいつも使う「手」に過ぎないことに気がつきました。
私はそうしてずっと、利用されてきたんだと。

ずっとさかのぼれば、20代で先生をしていた頃から、私、生徒をしかりつけて泣かせるとか、絶対無理でした。尊敬する先輩のひとりは、いったん始めると言葉が「天から降りてきて」何時間でも怒れるって言っていて、すごくうらやましく思ったものです。

私は口べたで、しゃべるのが苦手だったし、途中で可愛そうになっちゃうし、自分にそんなふうに人を責める資格がないと思ってたし、責めてる内容に自信がなかったし。自分で言ってることに「ほんとにそうなのかな」といつも疑問だったし。

それで、叱るべきところできっちり叱れないものだから、子どもになめられて、教師としては全然だめでした。

それが、50代も半ばになって、ようやく、昔、先輩の先生たちがやっていたと同じようにできてる自分に気がついて、ちょっとびっくりしています。

そして、そういうふうに言いたいことを言うのって、とても気持ちがいいということにも気づきました。
相手の反応は関係ないんですね。
自分のために、自分が言いたいことをちゃんと表明するっていうのは、大事なことです。
それが自分らしくあるっていうことだし、自分を大事にするってことかな、とも思います。

もちろん、今後もそんなことがなるべく起きないような暮らしをしていくつもりではありますが、でも、どんな時でも、自分の気持ちをちゃんと伝えるのって大事かな、と思います。

仕事上でも、やるって言ったことを期待通りにやってくれない人とか、けっこういるけど、そういうのも私、いつもの癖で「まあ、しかたがないか」と文句を言わずにがまんしてきたので、これからは、思ったことは思った時点で口に出すようにしようと思います。
そうじゃないと、相手も誤解しちゃいますからね。
こんなもんでいいのかな、と。

プライベートより仕事こそ、そういうのをきっちり言わないとダメですね。仕事なんですから、お互いに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク