【宝塚】風の次郎吉ー大江戸夜飛翔ー 1月7日@ドラマシティ 雑感

1月7日、昼の部を観劇しました。
だいぶん後ろのほうの席だったけど、ドラマシティって絶妙な傾斜があって、高すぎず低すぎず、とても見やすい席でした。

ねずみ小僧を主人公にした時代劇コメディで、和物なのにジャズっぽいダンスを踊ったり、ビジュアルも時代考証よりかっこよさ優先で、軽妙でテンポ良く(早すぎるくらい)、楽しめました。

くわしい内容は他のかたのブログを参照していただくのが早いかと…

(1)プロのライターさんのブログ〜♪ 
さすが内容がまとまってて分かりやすい!
鼠小僧・北翔海莉絶好調、花組公演「風の次郎吉-」ドラマシティで開幕|薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス

(2)お友だちが観劇した感想だそうです〜♪ 
お友だちって私のことか?と思うくらい、感想が似てます(¨;)もちろん私じゃないですが。。
夢の世界にはまって(宝塚歌劇)今もこれからも: 風の次郎吉の感想が届いたわん!

えっと、花組といえばこの間の「エリザベート」が記憶に新しく、えー!君このあいだまで悲劇の皇太子だったのに今はこんなやさぐれ男衆(おとこし)に身をやつして…とか、えー、君、この間まで若き革命家だったのになんで遠山金四郎(¨;)とか、ちらちら雑念がよぎりましたが(笑)
でも主演の北翔海莉さまに限っては、皇帝の記憶など一瞬で吹っ飛ぶほどの強烈なねずみぶり。
幕開き直後から、長い黒髪のビジュアルも巻き舌のべらんめえ口調もあまりに皇帝とかけはなれて、思い出す暇もなかったです(¨;)

みっちゃんて、本来、こういう明るくてさわやかなキャラクターが向いてるんですよね。ご本人の性格的にも。トップ就任後は、キャラに合った演目・役柄が用意されるので、どういうラインナップになるのか、今から楽しみです。

あと、柚香光(ゆずかれい)。登場シーンがめさ美しくて死ぬかと思いました。舞台の奥の方でひとりぽつんとやさぐれポーズで座ってるんだけど、それだけで視線が引き寄せられる、ビジュアルオーラです。立ってるだけでもどこか陰があって、そこが魅力です。
それから、「オーシャンズ11」の頃からなんとなくペアというか、対称の位置にいる感じのマイティこと水美舞斗(みなみまいと)はとても品があって、大店の若旦那という風情でした。

もちろん、瀬戸かずやは期待にたがわぬ粋な浪人っぷりで、出てくるたびにやんやの喝采(私の脳内で)。革命家でも着流しの浪人でも、何をやっても潔く、頼りになって、どこかあったかい感じのする人ですね。

…という感じで、お芝居のほうはいったん始まったらあとは怒濤のスピード感で、場面転換も早くて、あんなことこんなこと、あっちもこっちもどんどん展開して、あっという間にハッピーエンド。
客席は宝塚というよりどこかの演舞場みたいで、笑いでいっぱいでした。

大衆演劇みたいに見得を切って登場する場面が何度もあるので、ここはやっぱり「いよっ○○」みたいなかけ声が一発二発、欲しい感じがしました。宝塚的には禁止(自粛?)なんですよね?かけ声って。
新トップのお披露目公演のあいさつの時とか、退団者のあいさつのときに、客席から声が飛ぶのはときとき見るけど。

あと、この日は客席にすっごくたくさんのジェンヌさんが来てました。
開演直前に派手な金髪の人と同じくらい背の高い黒髪の人が前方中央に行ったと思ったら、左後方、右前方にも、それぞれ数人のグループが入ってきて、全部で20人以上はいたと思います。

お隣に座っていたご婦人が最初に入ってきた人たちをみて
「星条さんと、あとあのほら…(と名前が出ない)」
続いてぞろぞろ入ってくる若い人たちを見て
「月組!みんな月組よ!」
とおっしゃっていたので、きっと月組だったのでしょう。

私にはひとりも見分けられませんでしたが、マギーさんが今、ド金髪にされてるなら、間違いなくあれはマギーさん。でもって(2のブログにあったように)鳳翔大さんが今、黒髪だとしたら、マギーさんの隣は大ちゃん。大ちゃんは今、雪組で「ルパン三世」に出演中だけど、この日は水曜で大劇場が休演日ですからね。
あと、左後ろのグループの中に愛希れいかがいたような気がしたけど違うかも。自信ありませんm(__)m

そもそも、月組って言われてぱっとメンバーが浮かばなかった。
考えてみればおととし5月の「ME AND MY GIRL」以来(¨;)
トップの龍真咲は私が思うに宝塚で一番の美形だし、明るくて快活で、歌えて踊れてお芝居も◎なんだけど、例によって完璧な人に興味のない私なので今年の中日公演が見納めになるかも。
見納めってまだ退団する予定もないんだけど…(¨;)
ところで、月組の2番手って、誰なんだ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク