この記事は2014年12月19日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【ネットショップ】改造したら気をつけて

BASE というすごく簡単にネットショップが作れてしかも無料のサービスができたので、試しに数点、商品を出品していたのだけれど、半年くらいたっても売れ行きどころか検索からの流入も「ゼロ」なので撤退して、上げてあった商品はとりあえず本家ショップのほうに商品登録することになった。

それで、ものすごくひっさしぶりにEC-CUBEに商品情報を入力して「登録」ボタンを押したら、どっば〜っとおっそろしげな小さい文字のエラメッセージが出たのでびびった。

うっはぁ〜何これ…と泣きながら中身を見ると、あちこちのプログラムファイルのなんちゃらいう箇所でエラーが出てるから直せ、というようなことが書いてある。

なんの話だ!!

…と10秒間くらい頭が真っ白になったが、そういえばいつだったか、ネットで見つけたEC-CUBEのカスタマイズをいくつかやって、その時に、言われてるあたりのファイルを開いて何かいじった気がしてきた。

しかし、何の改造をしたのかさっぱり思い出せず、泣きながら、ハードディスクのファイルを漁って記録を探した結果、分かった。原因はこれだった。

EC-CUBEの個別ページ(商品詳細ページ)に、商品名とは別にもうひとつの「H1タグ」を追加する改造だ。
ヒロシの日記 – EC-CUBEでヘッダーにh1タグを入れ商品登録でh1項目を追加する

改造自体が悪いのではなく、新規の商品登録の場合はH1タグの欄を必ず埋めないとエラーになるってことらしい。

管理画面に専用の欄を追加したり、データベースにも新しい項目を増やしたりと、けっこうあちこち弄る改造だったので、できたというだけで満足してその後商品登録をひとつもやっていなくて、そういう仕様に気づかなかったのでした。

というか多分、もうちょっとアレして、H1の欄が空欄の場合はスルーまたは代替の文字列を表示、というような処理にすればいいのかも。自分ではできないのでやりませんがー(^^ゞ

どばーっとエラーメッセージが出た時は、ほんと、EC-CUBEが壊れちゃったかと思って焦りました。
自分で変な改造をしてると構築してもらった方にヘルプコールをするのが恥ずかしく、どうしよう!!…と泣きそうでした。

それでも、一から自分ひとりで作ったサイトじゃなくて良かった。
いざとなったら恥をしのんで相談すればきっと、直してもらえるから(^^ゞ

そういうわけで、ネットショップをやるときは、自分ひとりじゃなくて、誰か信頼できる人に手伝ってもらうのがオススメです。

※しかし来年は重い腰を上げてスマホ対応ショップをなんとかしなくてはいけない。いや、いけないのだろうか。どうなのだ、うむー。
 こういうの行って勉強したほうがいいかもー。誰か行って、エッセンスだけ私にオシエテ!

2015年に取り組みたいWeb制作・運営の10トピックス(名古屋) 2015年1月22日(木) | サイバーガーデンbiz

なんにしても、もうちょっと気軽に、遊び心のあるショップを作ったほうがいいような気がする。
どうせ、ろくに見られてないんだし。
どこにでもあるような四角四面の商品説明を読んだって、ちっとも面白くないわいなー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク