この記事は2014年12月10日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【宝塚】北翔海莉さま、ついにトップに!

柚希礼音退団後の星組の次期トップは紅ゆずるで決まりでしょ。
それにしても発表が遅いけど?

…と思っておりましたらば、みっちゃんが!

宝塚歌劇 新着情報/スター

北翔海莉 – Wikipedia

私は2012年中日劇場の「仮面のロマネスク」のダンスニー男爵が初見でした。
役柄的にも明るくてちょっとお人好しなキャラで、舞台に出てくるだけで生命力と躍動感がすごくて「あれ、誰だろう」と次女ともども目に止めて、それからずっと海莉さまのファンです。

出てくるだけで、なんかすごい。
安定感。
そしてすばらしい歌声。

大空祐飛さんの退団と同時に専科入りが発表されたときは「ええ〜!路線なのになぜ!」と残念に思ったけど、その後は各組の豪華な演目に次々と出演して、先日も花組の『エリザベート』で歴代最高の歌を聴かせるフランツ・ヨーゼフを演じて、その堂々とした皇帝っぷりが板について、もうすっかりベテランの域だな、こんな人をトップにしてそのまま退団されたら大変だからずっと専科にいて欲しいなーと、そんなふうに思っていたわけですが。

でもついに、センターで、いちばん大きな羽根を背負うことになりました。

私が購読してるいくつかの宝塚ブログでも、おりに触れて「みっちゃんをトップに」と、つぶやかれ続けていたけど、ほんとにそういう展開になりましたね。

いやぁ、めでたい。
ちょっとほんとに、まじ感動する。

でもトップを次に譲ったらまた専科に戻って、轟さんの舎弟になって、ずっと宝塚に残って欲しいです。

そして、紅ゆずるは「風共」主演で全国ツアーを回っていますが、来年もまた「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で主演が発表されているのは、引き続き2番手として期待してるからがんばってね、という意味でしょう。

また、紅ゆずるの下にいた真風涼帆(まかぜすずほ)が宙組に移動になったのは、宙組の新トップ朝夏まなとに続く2番手だろうから、これでいよいよトップ就任に向けて本格始動ですね。先日のテレビ出演の時も、柚希礼音より目立ってたくらいで…
FNS歌謡祭♡真風涼帆♡|宝塚だらけのブログ

真風涼帆はビジュアル的にも誰が見てもトップ候補なんだけど、それが宙組に移動ってのは、紅ゆずる的にも「これでもう代わりはいないんだから、お前ががんばれ」と退路を断たれた感じになるんじゃないでしょうかー。

そしてこのままだと宙組の2番手に格上げになってしまいそうだった七海ひろきが、入れ替えで星組に移動で、宙組以来、再び海莉さんの下に。番手的には3番手くらいなのかな。よく分かんないけど。宙組贔屓の私は、かいちゃん大好きなんだけど、まだ2番手という感じでもないので、海莉といっしょにまたいっぱい、いいお芝居して、素敵な舞台を作って欲しいです。

実は今まで柚希礼音があまりにもすごすぎて完璧すぎて、あまり星組に萌えなかったんですがー、これで見る目が変わりそう。柚希礼音体制が6年もつづいたあとなので、トップが交代するだけで、ものすごーく雰囲気が変わるんじゃないかと思いマス。

楽しみです。

みっちゃんお披露目の全ツは一宮市民会館がいちばん近いけど、ちゃんとチケット取れるかしら。
一応、梅田と両睨みでチケット確保しなくては。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク