この記事は2009年3月24日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

プチ起業考

ちょっと冗談で、プチ起業について書いてみようと思ったんだけど、やってみるとメモさえ作れない。

理由は多分、私が思う「うまくいく方法」が、激しく「私固有」の方法だからじゃないかと思うんですよね。

2001年の「むかつきシスターズ」以来、自分が通ってきた道筋をふり返る時、ほかの誰かに、これを真似せよといっても絶対無理!と思うくらい無謀なことの繰り返し。

大人しくて従順な女性ぽいキャラを捨て、
恥ずかしいという気持ちも捨て、
無理かもしれないと思ってもあえて人前に出てしゃべって恥をかき、
今もまだ、何か新しい突破口が開かないかと思って、やらなくてもよさそうな余計なことにいちいち首を突っ込んでいる。

自分と意見が合わないと見るや、結婚さえ捨てたし、
今も昔も自分名義の財産はひとつも持ってない。

だけど、体面や外聞を捨てれば捨てるほど、ラクになって、身軽になって、なんでもやれるようになって、選択肢が広がって、結果的に新しいチャンスに恵まれるようになって、「うまくいく」と思うんだけどなー。

でもこれを文章に書こうと思った時、読み手として、女性の友人知人たちを思い浮かべたとたんに、「無理無理。絶対無理」と、おそろしいほどの確信を感じるのだ…。
(「そんなのアタシには無理」「IKUKOさんは強いからできたんだわー」etc.)

確かにあなたたちには無理かも。。

でもこんな、1000人に1人くらいは、真似してうまくいく人もいるかもしれないけど、残りの999人はきっと失敗して不幸になるようなノウハウって、どうよ。

…です。

だってだいたいの人は、だんなさんが1年も引きこもって仕事しないとか、そういうピンチに直面してないじゃん?

なんだかんだ言って貯金は持ってるし、親譲りの財産のある人もけっこういたりして。
先行きが不安だとか言うけど、今じゅうぶん幸せで満たされた生活してるから、そこから抜け出るなんてできないわけよー。

だからー、そういう恵まれてる人はー、あえてプチ起業などにトライしないでおとなしくしときなさい。以上おわり。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク