この記事は2014年11月27日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【買い物】宝塚中日風共・みっちゃんドラマシティ・裁断機に炊飯器

(1)来年の宝塚月組中日劇場公演「風と共に去りぬ」 千秋楽ゲット

千秋楽は3月2日です。
2月からずーっと公演してるのに、3月に入ってようやく初見というのはちょっと寂しい気もしますが、まあ、2月は多分忙しくなるだろうから、これでちょうどいい具合ってことか…。

日程もさることながら、座席が2列目。

ものすごく上手寄りで、舞台を見渡せない位置だとは思うけど、座席表で見る限り、その座席の前は1列目がない。途切れてる。つまり実際は一番前なのか。。

「風共」に客席下りなんて、なかったよねえ?
これが「エリザベート」なら轟ルキーニが目の前なのに…って違うんだ演目が(~_~;)

(2)次の宝塚観劇が来年の3月って寂しい!…と発作的に 『風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―』 のチケットを入手!

もちろん正規ルートではSOLD OUTしてるので、再販サイト経由で。
こんなことなら最初から正攻法でトライしておけばよかった。
そしたら定価だったのに…
優柔不断はダメですね。

でもこれでとりあえず、1月にもひとつ楽しみができた。やったー(^^)v

##ところで宝塚公式サイトの上の画像、差し替えになりましたね。B級なテイストになって楽しそうo(^ー^)oワクワク

(3)久しぶりに筆文字用の背景紙を作ったらあまりの面倒さにギブアップ!

特に「プレミアム」というシリーズは、小さなパーツを使うので、たくさん紙を切らねばならず、カッターナイフでじーこじーこ切っていたらこっちの脳の血管まで「ぷち」と切れまして、自宅に帰って速攻、Amazonで注文しました。(Askulも見たけどあまり種類がなくて)

ロータリー式の、丸いカッターの歯で切るタイプのはひとつ持っているんですが自宅で使うので、筆文字の耕望(作業場)用に購入しました。この大きさでいいと思うけど。これより大きいと小さいパーツを切るのに不便そうだし。

よく使う色は全紙で買ってるので、最初はどうしてもカッターナイフで切らないと無理ですが、そこそこ小さくしてから先はこういう裁断機でざくざく切るほうが、ぜったいにラクに違いない!

(4)…と、このへんでアタシの購買欲はじゅうぶん満たされていたんだけど、夕方、ご飯を炊いたら炊飯器がたいへんなことになっていて、急きょ、炊飯器を注文

使ってるのは通販生活で買った炊飯器で、おいしく炊けることは炊けるんだけど、ふたについている、「おねば」(炊飯中に吹き上がる水分)用のパーツをとりつける穴が経年劣化でゆるくなったみたいで、最近は圧力でパーツごと持ち上がって、ねばねばの水滴があたりに飛び散るようになってしまって、毎回、ご飯をたくたびにまわり一面を拭き掃除していました。

それがついに今日は、洪水のように大量に吹きこぼれて、火山の噴火みたいになっていたので(@_@;)
しょうがなく、以前からAmazonで探して「ほしいものリスト」に入れてたこれを注文しました。

多分ちょっと型落ちなんだけどその分安くなってるし、先週、長女の付き添いで家電量販店をハシゴした感触から言っても、だいたいこんなとこでいいんじゃないでしょうかー。
今のヤツは、通販生活にはそういう値引きが一切ないので、定価でしたよ定価。高かったぁ…(>_<)

買ってるばっかじゃなくて売れたものもあった。中古本1冊。

本棚を整理して、2,3出せそうなのがあったので出品したら、即、一冊売れました。
本は新しくてきれいなうちにAmazonで売るのがいい(笑)
システムが使いやすくなって、いつでも「最安値に合わせる」ことができるから、良いですね。

ヤフオクにも出品したのだ

いやーオークション出品は久しぶり。
新しいのに使えなくなった子機を送料込みの2,000円で。
捨てるよりいいので。

BROTHER 増設子機 BCL-900 – ヤフオク!

…と、そんなこんなで、バタバタしていた、今日いちにちでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク