BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

この記事は2014年10月13日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【爆笑】間取り図ナイト@名古屋、行ってきました

IMG_0155
間取り図ナイト@名古屋

行ってきました。つっこみ所まんさいのおもしろ間取り図をどんどんスライドで映して、つっこみまくって笑うイベントです。めっさ面白かった!

ネットの賃貸情報とかに出ている間取り図で、玄関がなかったり、階段が通じてなかったり、トイレにドアがなくて入れないとか、いろんなツッコミどころ満載の間取りが次々と、これでもか!というほど登場します。

むか〜しmixiで『間取り図大好き』というコミュに入ってたんだけど(というか今も入ってると思うけどmixiにログインしないので分からない(@_@;)、その管理人の森岡友樹さんがその後、各地でこのイベントを開催しているのだそうです。本も出ているようです。

[amazonjs asin=”4594067697″ locale=”JP” title=”間取り図大好き!”]

欲しいなぁ。
kindle版もあるけど、こういうのは紙で見た方が楽しめそう。なんとなく。

関係ないけど、今の40歳前後の人に、妙に紙の本を否定して、ばかじゃないのか!紙の本を買う理由がわからん!とかいきまく人が多い気がするけど、あれ、なんなんでしょうね。
別にいいじゃん。そんなの好き好きだし。

私の希望的観測では、デジタルネイティブと言われる今の20代以下の若者は、電子本と紙の本を両方自然に受け入れて、自分の生活シーンに合わせてチョイスしていくと思う。

もちろん、今までのように、紙媒体の出版社がすべてを牛耳れるかどうかは分からないし、経営がなりたたない出版社もあるだろうけど、そんなの読者には関係なくて、ただ面白いものが手に入ればいいだけですから。

話が脱線しましたが、
とにかく珍品オンパレードで、森岡さんのコメントも面白くて爆笑でした。

イベントの後半は、大山顕さんという人による「マンションポエム」の紹介(笑)
マンションポエムって、高級マンションのWEBサイトのトップを飾るキャッチコピーが、意味不明な美辞麗句のオンパレードで、ポエムみたいになってるって話で、マンションのキャッチコピーなんか気にもしてなかったけど、並べてみると確かにひどくて(!)、無理矢理クラス感を出そうとしてる姿が滑稽なほど。

大山さんのトークがまた面白くて、爆笑につぐ爆笑。
大山さんは「団地」「ジャンクション」「工場」萌えの写真集などを出しているそうです。

[amazonjs asin=”448780163X” locale=”JP” title=”工場萌え”]
[amazonjs asin=”4487802598″ locale=”JP” title=”団地の見究”]
[amazonjs asin=”4840120935″ locale=”JP” title=”ジャンクション”]

団地とジャンクションはちょっと…理解できないけど(爆)
工場萌えのは欲しいですねー、工場の配管、好き。
中部圏では四日市の工場ツアーがあるので、いつか行きたい。

…と、また脱線しましたが、とにかく面白いイベントでした。
こんなに笑ったのは久しぶり。
超、オススメです!

なんか…、演劇以外のイベントでは前回の小説家をめざす人に本気のサポート?CRUNCH MAGAZINE | 不思議猫ブログ以来で、どちらも男性ふたりによる軽妙なトークイベントという意味でよく似ていたけど、前回のは世の中にあふれる小説企画の欠点を洗い出すという内容だったのに比べて、こちらは、世の中にあふれる情報から笑えるものをピックアップして、みんなで笑い倒すという内容で、180度真逆だったのが印象的。

何をして生きるも人の自由だけれども、人生って長いようで短いし、私のように50代ともなれば自由に使える時間は刻々と減っていく一方なので、
どうせやるなら笑える活動を。笑えなくても、人がほっこりしたり、幸せを感じられる活動をしていきたいなーと、改めて、思った次第です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク