BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

この記事は2014年9月25日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【映画】ア・フュー・グッドメンを初めて見る

[amazonjs asin=”B00024Z5FY” locale=”JP” title=”ア・フュー・グッドメン DVD”]

wowowかBSか忘れたけど、やってたので録画して見てみました。
ずいぶん前の映画で1992年公開だそうです。
1992年って。
22歳の次女が生まれた年だ。
まだ名古屋に住んでた。
インターネットもパソコンも当然スマホもなくて、mixiもfacebookもブログもないから、何か書きたくても書く場所がなかった。地獄だ…。今となっては想像もできない…。

と、そんなことはさておき。
映画の出来がすばらしく良くて、というか、トム・クルーズのイケメンヒーローものでしょ、って感じであまり期待していなかった分だけ、出来の良さに感動しました。

ストーリーはシンプルで、エロもグロもない、古き良きアメリカの匂いがする映画で、それでいて飽きさせない、映画の教科書のような映画でした。後半の展開も、問題をどうやって打破するのかある程度分かっているにもかかわらず、きっちりはらはらさせてくれるこの力量は。トム・クルーズとジャック・ニコルソンの演技力によるものなのか、ムダのない脚本力なのか。

脇役陣の存在感も良くて、デミ・ムーアはきれいだけど言うべきことはきっちり言う子で、安易なラブシーンもないし、トム・クルーズの仲間役のケヴィン・ポラックも、いいところできっちり雰囲気を出してる。

それと、若き日のキーファー・サザーランドと、この数年後に「ER」のカーター先生でブレイクするノア・ワイリーが顔を見せてるのも、おいしい発見。
「24」「TOUCH」などで有名なキーファー・サザーランドなんだけど、出てきたとき一瞬「あ、霧矢大夢!」と思って、あああ違う、誰だっけこの人…とずっと考えてしまいました。元月組トップのきりやんとキーファー・サザーランドは顔が似てますよね。「前からそう思ってたんだけど、とっさに出てきたのはきりやんの名前でした(^^ゞ

ア・フュー・グッドメン – Wikipedia

ひさしぶりにいい映画、見た。
今の映画より、時間の流れがゆったりしていて、こういうのもいいなって思いました。

あと、Huluで新しいテレビドラマを見始めました。

これも古い時代の設定ながら、出てくる男女はそれぞれ毒のある人物っぽく。
まだ3話までしか見てないので、後半の展開はどうなるのやら。
シーズン4まで続いてるということは、どんどんドロドロしてくるんだろうなぁ。

ちょっと前に「ブレイキング・バッド」を見てたんだけど、シーズン4くらいで、一番人間味のあるジェシー・ピンクマンがかわいそうすぎて、気分悪くなってギブアップしてしまったので、ドロドログログロでもいいけど、できれば時々でいいから何か救いのあるシーンを入れていってほしいな、というのが私の願いです…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク