この記事は2014年9月2日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【宝塚】タカラジェンヌは劇団☆新感線が好き?

昨夜、こちらの番組を見ました。
珠城りょうは、うちの隣の蒲郡市の出身ということで、去年だったか「月雲の皇子」に主演したときは、地元のレストランにチラシが置いてあって、応援団(?)のバスツアーの案内もありました。すごいなー、そういうことになるんだ、地元の星だなー、と思ったけど、観劇には行けなかったのですが。

こうして舞台化粧なしで見ても、すっとしてキレイな品のある顔立ちの方ですね。トークの雰囲気も落ち着いて、おっとりした感じが魅力です。

トークを聞いても実際の舞台がどういう感じか分からないのですが、とりあえず劇団☆新感線、面白そうです。
なんだか元気になれそうな?
チャンスがあったら見てみたいです。

ということで、いよいよ雪組公演が千秋楽。壮さん、未涼亜希の退団のあいさつを見るためにタカラヅカニュースをチェックしました。
退団のあいさつは誰の時でも胸に迫るけど、トップ娘役の愛加あゆの、気持そのままのあいさつに感動して、泣けました。。この人、気持がストレートに出るタイプなのねー。中日劇場の「若き日の…」のラストシーンを思い出すわぁ。。(そのときも泣けました)(¨;)

んで、壮さんとまっつのあいさつは普通に見てました。
壮さんは花組の2番手の頃から、芝居はうまいし、歌もダンスも、そして堂々とした立ち居振る舞いがスターっぽくて、まことに正統派の、なんでもできるスターさんなんじゃないかと思います。退団後も、鳳蘭とか大地真央みたいに、スター路線まっしぐらで行っちゃってください、と思う。

まっつはトークよりお芝居してたほうが自然(爆)
まっつにお花を持ってきた音月桂がもっとアップになってもよかったんじゃないかと思ったけど、まあいいか。。
そういえば音月桂の退団公演では、まっつと北翔海莉と3人で踊ってたなぁ。
こんなふうにどんどんメンバーが抜けて、下の学年から新たなスターが生まれてくるという、新陳代謝の仕組みが、宝塚をいつもフレッシュにキラキラさせている秘訣なのかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク