この記事は2009年1月30日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

OSC2009 Tokyo/Springと思い出話

オープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Spring
http://www.ospn.jp/osc2009-spring/

セミナー参加申込みが始まっているそうです。
今回は名古屋からNucleusコミュのよたか@はなまちやさんが2日目にセミナーをされるので…
「はなまるホームページのススメ!」
勝手に宣伝です(^^)
今回私は行きませんが、もし予定通り8月に名古屋で開催されるとしたら、そちらには顔を出すつもりです。

私が初めてセカンドライフ関連で出展側で参加させてもらったのが2007 Tokyo/Springですから、もう2年もたったんですね。。
なんだか遠い昔の出来事のようです…。

そういえば2007年の時は、どういうわけか100人以上入ってる感のある大きい教室で、公開したばかりのSLCOMのことを10分ばかり説明する機会までいただいたのに、なんか、連絡不行き届き&準備不足その他で、デモ用資料がコケていて焦りまくりになって、そのパニックが伝わったのか、mikaさんのノートパソコンが突然死したりして、ホントありえないようなひどい発表だったんですが、その会場の一番うしろのほうでニコニコ笑いながら聞いていたのがNaviSL SNSのZATOさんだったり。

展示ブースのほうも、テレビカメラ来てめちゃくちゃな混乱で、私なんかまるで役に立たないんで、たまたま来てくれたユーザーの人たちが一生懸命SLの宣伝したりして、なんだかみんなしてリンデンラボの回し者みたいだったし。

でも、Uriちゃんと優雅に腕を組んでNeko Linkさんが登場した時は、場の空気がさぁ〜っと華やいで、Nekoさんがブースの部屋で即席ミニセミナーやってくれたときは、同室の関係ないコミュニティの人たちも、身を乗り出して興味津々で聞いていたっけ、とか。

ゲーム内で大きな存在感を醸し出していたLinzoo Ringo氏は、リアルで会っても存在感ある人だったけれども、あの時あそこに顔を出さなかったらそのまま美女アバターのLinzooとしてリアルライフは平穏無事だったかも…とか思うけど、実際にはみなさんご存知の通りの活躍で…。

bartomo君も、あの時宴会担当をやってもらったのがご縁で、今もFriendFeedな仲だし(なんだそれ)(^^;

今となっては、みんな、セカンドライフに出会って良かったのか悪かったのか、内心どう思っていらっしゃるかわかりませんが、『オーラの泉』風に言えば、これもそれぞれの人にとって単なる偶然ではなく、意味があって出会ったんでしょう…。

あの出展の当事者だった私自身、自分の意志で進んでいるには違いないんだけど、なにか自分の力以上の大きな波に引き寄せられてるような、逆らえない感じがありましたから…。

その後のセカンドライフは「潮が引くように」ブームが去って寂しいこと限りないですが、それでも最初の頃のワクワク感やドキドキ感を思い出すと、無謀なことも多かったけど、できる限りのことをやっておいてよかったなと思います。
ステキな人にいっぱい会えたし、いろんな経験させてもらえて、いっぱい刺激も受けました。
まわりに良い効果を与えられるまでがんばれなくて申しわけなかったけど、個人的には「はなまる」体験です。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク