BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

この記事は2014年3月20日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

近況メモ

【1】SMASH シーズン2
テレビドラマ『SMASH』シーズン2をTSUTAYAディスカスで宅配レンタル中。
視聴率が下がってシーズン2で打ち切り決定だそうだけど、シーズン1から入れ込んで見ている私には劇中の出来事が自分の兄弟や友だちのことのようで、他人事とは思えない。
アイヴィーのブロードウェイデビュー初日は感動して涙が止まらなかった。ここまで来るのに長い道のりだったもんね。

シーズン1で披露された劇中歌と比べると、シーズン2は質が落ちたように思うけど、ストーリーの進行は相変わらず、快適なテンポで、複数のドラマを同時進行させて少しの混乱もない。いつもながらに、ハリウッド式シナリオ術はものすごいなって感心する。
このスピード感と構成は、アメリカのテレビドラマではわりと普通に見られるのに、日本のテレビドラマに決定的に欠けていると思う。

シーンの切り替えが多くて、次から次へとピンチが生じるような手に汗を握らせる展開でなく、だらだらと長いシーンが続くほうが安心して見ていられるという客層もあるのかもしれないので、どちらがいいか、一概には言えないけれども。

【2】巨人たちの落日/ケン・フォレット

[amazonjs asin=”4797362731″ locale=”JP” title=”巨人たちの落日(上) (ソフトバンク文庫)”]

上中下の3巻。
こんな名作に今まで気づいてなかったのは不覚だった。
「大聖堂」のテレビドラマ版を見て、嫌いだったので、どれも同じようなものだろうとノーチェックだったのも一因だし、「巨人たちの落日」というタイトルが、いまひとつ内容をイメージしにくいのもひとつ。

内容は第一次大戦前夜に始まる、壮大な歴史人生ドラマ。
変化していく時代と、その中で生きる、さまざまな国の様々な階級の登場人物たちが、生き生きと描かれていて、まさに私の趣味にぴったり。

今まで、そういうジャンルではジェフリー・アーチャーが一番だと思っていたけど、負けず劣らずケン・フォレットもすごかった。

ひさびさにワクワクして、時間を忘れてよみふける本に出会えました。
まだ2巻が終わったところで、今、3巻が届くのを待っているところ。

シリーズの続編もあるみたいです。

【3】新サイト制作中
まだ構築中なのでお見せできないのですが、いま、ふたつのサイトを準備中。
ひとつは、つとむが今販売しているのとは別に、自分が自由に書いた「作品」を掲載したり販売したりするためのサイトで、もうひとつは、わたしがつとむの字を使って自分の趣味で作るペーパークラフトアートを披露したり販売したりできるサイトです。

ペーパークラフトは大げさですが、いろんな色の紙を切ったりはったりしてきれいな作品を作るのは楽しいなって、最近思うようになったので、筆文字ではなく、クラフトワークを売るということを、してみたいなと思いまして。

ずいぶん久しぶりの新サイト構築なのですが、WordPressもWelcartもそれぞれ洗練されて、以前にも増して簡単に導入できるようになった気がします。
まあ、今回は、作ってるサイトが簡素なので、大規模なレイアウトのカスタマイズをしないから簡単なだけかもしれませんが。

とはいえ、細かいことをひとつひとつ解決するのに、たっぷり3日くらいはかかっていますが。

コンテンツもある程度用意しないといけないし、消費背税の切り替えもあるので、オープンは4月以降かな。

【4】自分のファンタジー小説
なかなか進行しませんが、たくさんある断片をあれこれ試した中から、とりあえず今年前半に書く内容は決まりました。
登場人物もおおかた出そろい、プロットもだいたい決まりましたが、さてこれからどうしたものか。
なかなか次に進めません。

〆切に追われてないのもひとつだけど、これより先に進むと、実は自分が考える話は面白くもなんともないということに気づいてしまうのが怖いとか、その手の弱気の虫にとらわれていることが主な原因だろうと思います。

そのプロセス自体が私にとっては貴重な体験なので、手探りで、いろんな方法を試しながら、ゆっくり進めていこうかなと思ってます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク