BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software

この記事は2014年1月18日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

WEBショップ運営って。

昨年末からせっせと筆文字ショップに新商品を登録してて、さっそく登録したての商品に注文が入ったりするので、手応えもあって楽しいんだけど、WEBサイトって不思議だ。

先日GoogleAnalyticsを見たら、「ユニバーサルなんちゃら」に移行するようにと書いてあったので、なんじゃそれ?と思ったけど、将来的には全員それに移行するというので、だったら早いほうがいいかもと思い、クリックしたら「移行準備中」という表示が出た。
んで、翌日くらいにまた見たら「移行が完了したから、新しいトラッキングコードを挿入せよ」とのこと。

仕方がないので、そこに表示されてるコードをコピーして、うちのサイトのGAコードを書いてあるファイルにペースト。だけど、もともと自分で作ったサイトじゃないのでいまいち不安。「これでいいんかいなー」と心配しつつ、WordPress製のブログのほうにもトラッキングコードを入れようと思ったら、そういえば、テーマファイルに書くのは面倒なのでプラグインを入れたのだったと思い出す。

しかーし。
そのプラグインがいまひとつ「ユニバーサルなんちゃら」に対応してないような気がした。選択肢とか、何も設定項目がなかったので。
そこで新しいプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」というのを導入してみた。

(こちらのページの解説が詳しいので興味のある方はどうぞ…)

【Google Analytics】Universal Analytics 対応の WordPress 選び♪設定!

で、両方のトラッキングコードがちゃんと動作してるか確かめるために、そのあとこまめにGAを見てた。

そしたら、移行途中でいったんアクセスが落ちた日があったものの翌日には持ち直し、アクセスされたページにブログのURLも含まれていたので、いちおう無事に動作してると、ひと安心。

しかし、たまたま見たアクセスページの一覧に奇妙なURLがあったのでクリックしてみたら、まさに昨日、自分が商品登録のときに、特定のサイズの商品を探すために行った「検索結果」。サイズで検索なんてお客さんがするわけないので、犯人は明らかに自分。

なぜ自分が検索結果に?!
更新作業をする自分が一番たくさんアクセスするのは分かってるので、GAには自分ちのIPアドレスを除外する設定をしてるんだけど、どうやら、うちで使ってるのはふつーのプロバイダーのふつーの契約なので、割り当てられたIPアドレスが時々変えられてしまうらしいんだ。
そりゃそうだよねー。そんなとこまで固定しないしふつー。

というわけで、いつIPアドレスが変わったのかしらないけど、今までみていた「訪問数」は、もしかしたら自分のアクセスで下駄を履いた状態だったかも、という疑惑。

年明けにちょっとだけ、アクセスが増えたのでよろこんでいたのだけど、あれはぬか喜びだったのか。

とはいうものの、注文数は明らかに年末よりは増えてる。
そもそも、以前から、アクセスと注文のタイミングはぜんぜん関連が感じられないのだ。
たくさん見られた日にたくさん注文が入るわけじゃない。
むしろ、アクセスが少ない日のほうが、注文が入る確率が高い気さえする。調べたわけじゃないけど。

長期的に、たとえば年単位で見ても多分、累計アクセス数と累計注文額には相関関係がないと思う。これも調べたわけじゃないけど、体感的に。

なので私は昔から、アクセス数は上げなくてもいい、注文数が上がればいい、とずーっと言っているのだが、実は、その違いはどこにあるのか自分でもよく分からない。

理由や根拠が分からないのに実現させようというのだから、無茶な話だ。
やりながら「ほんとにこんなことで成果が出るのだろうか」と不安になるのも毎度のこと。

これでは、目隠しして鬼ごっこしてるようなものだ。

目隠ししてるのに鬼がつかまるから面白いという面もあるんだけど、正直、疲れるなーと思うときもある。

これも前から言ってることだけど、WEBショップ運営は、突堤の釣りと似てる。
漁船で魚の群れを追うわけでもなく、限られた場所でじっと当たりを待つ。
これが楽しいという人もいる。

でも私には向いてないかもなぁ。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク