この記事は2014年1月2日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

売上集計の意外な結果

実は最近、ひそかにピーター・ドラッカーのビデオ講座を受講したりして(と言っても、3回目で飽きてドロップアウト済みですが)、ビジネスの基礎の基礎、売り上げ目標を立てるということを知りました(今さらっ!!!)

そういえば今まで、具体的な金額の目標がなかったんですよねー。
理想の金額はあったけど。実現性が低くて。

で、2014年は最初から売り上げ目標を決めてやってみようと思ったんだけど、その金額を算出するにあたって、やっぱり土台になるのは過去のデータだろうと考え、直近2年のWEB売上をリストアップしたところ、意外にも去年は12ヶ月中10ヶ月が、売上アップしていました。

実店舗とか、電話などによる個別の注文は、集計が面倒なので省いて、純粋にWEBショップのカートから購入した人だけのデータですが。

いったい何があったのだろう?

慌てて当ブログを読み直したけど、ワタシ的には、2012年頃からWEBショップの放置を始めたらしいこと以外は特に何も見あたりません。
基本的に放置してるんで、サイトの更新頻度も低いし、当然広告もSEO対策も何もしていなかったわけで、可能性があるとしたら、知らない間に行われたかもしれないGoogleの、なんちゃらアップデートだけ(検索順位を決めるアルゴリズムの変更のこと。さまざまなキーワードについて、よそのサイトが落とされた結果としてうちが上昇してる可能性はある)

だけど、GoogleAnalyticsをざっと眺める限り、それほどアクセス数に変動は見られない。
なんなんだろう〜?

売上が上昇傾向なのはありがたいことだけれども、その要因が、ひとつも思い当たらないというのは、困ったものです。
だって、理由が分からない限り、もっと売れるために何をすればいいか、分からないわけですからね。

でもまあ、方法が分からないのは今に始まったことじゃなく、今までだって、何をやってもさっぱり五里霧中だったのでだんだん面白くなくなり、ついには放置してしまったというわけで。

ここはあまり深く考えず、自分でここをこうしたほうがいいかなって思ったことから順番にやっていけばいいかなって思います。どうせダメもとですからね。

というわけで、元旦も2日も普通に、10ミニッツボードに貼った付箋を頼りに作業を進めていますが、他にやることもないのでいい暇つぶしです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク