この記事は2009年1月20日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

客層別のセミナー告知方法

eXeなどで何度も開催したWEB系の勉強会と違って、今回募集したスピリチュアル系セミナーでは、やはり、告知方法に違いがあるのでした。

WEB系ではmixiとMLにしか流さなくて、直メールとかは一切しません。
(しなくても連絡がつくからです)

ところが、今回のセミナーはこんな感じ(実際に行なった順)

1,mixiで連絡がつく人に直メッセ
2.mixiしてない人にPCメール
3.PCメールがない人にFAX
4.1〜3で告知を送れない人に郵送

ちなみに、今回のセミナーは、そういうの好きそうな知人友人を想定してセッティングしたため、30代〜40代主婦層がターゲットです。

実は、3と4の人にも携帯へはメールで連絡がついていたのですが、告知用の文がけっこう長いので、そのまま流しても読めない気がして、FAXと郵送を併用しました。
それから、2のPCメールの人にも、一応携帯メールに「PCに送ったよ」とメールを入れました。パソコンメールは滅多にチェックしないという人も多いですから。

だから、今回、もしかしたら全員に共通して使えるのは携帯メールかもしれなかったですが…でも、最も親しい1の人については、日頃携帯メールでやりとりする必要がないので、携帯アドレスを聞いてないんですよね…(-_-;)

とにかくですね、
連絡方法が違うと、原稿をそれに合わせて用意しなくてはならないので、それが不便なんです。

今回みたいに原稿が長いと、1や2の人向けには、空白行をいっぱい入れて読みやすいようにしていますが、これが印刷になると、空白行が多すぎて逆に読みにくいし、FAXのページ数が膨大になってしまうので、FAX用に行を詰めたものを1種類作りました。

今回はやらなかったけど、携帯メールに原稿を送ろうと思ったら、また新たに原稿を作らないといけないと思います。たとえば

◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆
  和諧 誠さんの宇宙サポート体感セミナー
◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆

こういうのって、携帯では横幅が狭いから折れ曲がってこんなふうに見えちゃうから…

◆…◇…◆…◇…◆…◇…
◆…◇…◆…◇…◆…◇…
◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆
  和諧 誠さんの宇宙サ
ポート体感セミナー
◆…◇…◆…◇…◆…◇…
◆…◇…◆…◇…◆…◇…
◆…◇…◆…◇…◆…◇…◆

飾り罫は短く、よけいなインデントは削除してあげないといけないでしょうし。

——

私主催のスピリチュアルセミナーは今回限りで次回の予定はありませんが、
この年代の女性向けに何か連絡しようと思ったら、PCと携帯メールで告知するように準備するのがベストかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク