この記事は2013年7月4日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【近況】第二の人生のはじまり

7月になりました。
今年も後半です。

最近はHuluでテレビドラマを見ているか、YouTubeで東海地方では見れないテレビ番組の録画や、バシャールなどのチャネリングDVDの字幕版を見ているか、つまりざっくり、映像系に傾いた暮らしをしています。

もちろん本も乱読していますが、スマッシュヒットに恵まれない状態。

宝塚方面も、いったん休憩モード。
月組の「アルセーヌ・ルパン」のために原作を買ってみたけどどうもアレな感じで、トップ龍真咲が超絶かっこいいことは間違いないだろうけど、なんか、それだけじゃなーという。
宙組の「風と共に去りぬ」は大作ながら、凰稀かなめがスカーレットで、悠未ひろがレット・バトラーだったら、絶対見に行ったのに的な。背の高さのバランス的にも絵になると思うんだけど。ざんねんすぎるー。
(悠未ひろスキ♡)

ルパンも風と共に去りぬも、小学校の頃に原作を読んでだい、だい、だいっすきだった作品なので、柄にもなく要求水準が高まってしまって、いつものような宝塚テーマパークに遊びに行く的なノリでは見られないという…。
うむむむ。

そんなわけで、今は「これ」というのめり込めるものがなく、暇つぶしにYouTubeとか見ている感じ。

あと、重い腰を上げてようやく小説を書き始めたこともあって、集中力がそっちに半分いってしまって、他の作品にのめりこめないってこともあるかも。
どっちかに集中できるといいんだけど、なかなか…。

さすがに、それ以外のことにまで集中力が配分できなくて、週に一度の英会話教室はお休みすることにしました。なんかねー、いったん、いろんなことを「封印」しないと、日常と関係ない会話なんてできないんですよー。週に一度、たかだか1時間半とはいえ、いったん「封印」して、帰宅後「封印を解く」という作業が、とんでもなくストレスになってしまいました。

そういうわけで、今は毎日朝から晩までずーっと、考えたいことだけ考えて、見たいものだけ見て、密度の濃い時間を過ごしてます。

新聞やテレビを含めて、興味のないことにはまったく時間を割かなくなった結果、興味のあることだけが残っていってるとも言えます。

いずれにしても、学校生活や就職、子育てなどで封印していた本来の自分の人生が、ようやく始まったという感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク