この記事は2013年4月29日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【宝塚】花組「オーシャンズ11」東京公演をついに見る!

4月26日(金)、東京宝塚劇場で花組の『オーシャンズ11』を見てきました。

この演目は「抱腹絶倒」「めちゃくちゃ面白い」と宝塚大劇場の時から絶賛コメントが多くて「見たいなぁ、はぁ…」と思っていたわけですが、この前日また同様の内容のブログを読み。ふと、公演日程が残り数日だということに気づき。
そして、そういえば翌26日は宝塚好きな次女の仕事が休みだったなーと思い出し。
んで、公式サイトでチケットをチェックしたら、あるある、空席がいっぱいあるではありませんか!

そこからはもう脊髄反射で、娘に「明日、東京行こう!」とLINEで連絡を取ったり、チケットを取ったり、新幹線の時刻をチェックするなどして当日、無事に観劇できました。

観劇の感想ですが、ずばり、各ブログで絶賛だった2幕の北翔海莉のアドリブの場面は思ったより長くて、終わるのか…もう終わるのか…と思いきやのまさかの…って感じで、そのシーンの出演者一同、わらわらしてる感じもめちゃくちゃ面白く。
去年のぎっくり腰とか(知らなかったけど中日公演の時にぎっくり腰になったようです)内輪ネタに客席もどかんどかん受けてて、まるでお笑い演芸会みたいでした。

このシーンを見たいがために東京まで行ったようなものなので、とっても満足です(^^)v

ほかには、北翔海莉がFBIに化けて出てくるシーン。あれもかなり面白かったです。もう登場の仕方からしてノリノリで。場の空気を一瞬でさらいます。

あとは「JUMP」を一曲まるっと歌うシーンでは、その歌唱力を堪能できて、こちらも満足。2階席だったので、なんだか高いところに上って歌う彼女がすごくきれいに見えましたし。

髪を金髪に染めてるとか、派手な光沢のあるスーツを着ているせいだけじゃなくて、やっぱりこの人には華がある。
たくさん人が出ているシーンでも、主役の蘭寿とむより、どこにいるか見つけやすかったです。

蘭寿とむと言えば、終了後、外に出たらまだ明るくて天気も荒れていなかったので(雷だの竜巻だのという予報でした)、ちょっとだけ見ていこうかって言って、出待ちしてみました。

ぱきっとした緑色のトレーナーに白いパンツというカジュアルないでたちの華形ひかると、主演蘭寿とむ様を見ることができました。
蘭寿とむは、舞台メイクを落とすとすごくすっとした薄い感じの顔立ちで、明るいグレーのパンツスーツの首もとにオレンジ系のスカーフを合わせていたんだけど、見た瞬間
「ラベンダー」
って感じがしました。なんでしょう、オーラの色かしら。ってあたしオーラなんて見えませんけれども。

というわけで、4月はいろいろあって「オーシャンズ11」は見れないだろうなーとあきらめていたのですが、突然、願いが叶って、実物を見れてうれしいです。

あ、書き忘れたけど、敵のベネディクト役を演じた望海風斗がものすごく好演でした。声がね、なんと言うか、低音がいいの。演技も歌もぴかぴか光っていました。

あと、私、ひそかに春風弥里押しだったりするんだけど、宙組の時からなんかこういう3枚目キャラの役が多くて、またそれがはまってるから困るんだけど、美貌の長身男役で華もあるので、ぜひいつかはトップに。ぜひ。

帰路は、出待ちのおかげで予約していた新幹線に乗れず、時間変更も「満席」続きでできず、結局、東京駅から自由席で帰りました。ずいぶん長い列ができていたけど、ちゃんと全員座れました。楽しかった!

しかし帰宅後胃腸風邪にかかって、昨日の朝からさっきまでずーっと寝たきりでした。出待ち、寒かった、やっぱり(¨;)

次の観劇は、5月20日大阪梅田劇場の「ME AND MY GIRL」です ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 光り輝いていると思った矢先に退団だし、なーにーそーれーー。あんまりだー。ぜひトップに…って思ってたのに…。 関連:【宝塚】花組「オーシャンズ11」東京公演をついに見る! […]