この記事は2009年1月13日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

21世紀の宗教は

藤原直哉のインターネット放送局を最近聞いています。
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/

聞いていただけば分かりますが、ものすごく新しいことは言ってないけど、話がお上手で、聞いていると気持ちがよくなります。つい、次も聞いてしまいます。ジャパネット高田の高田社長みたいに癖になります(^^;
ほとんど宗教のレベルです。

宗教というとオウムを連想させて、怪しい・危ないとネガティブな印象を与えてしまうんでしょうが、でも、人々に心安らかに生きる知恵を語り伝えるのが本来の宗教の姿だとすれば、これはりっぱに宗教かと思います。

20世紀の宗教みたいに強力な勧誘と囲い込みをしない、ラフでLiteな感じの宗教ですね。
お経を唱えるなどの修行も強要しないし。

私はよく知りませんが、こうした活動をする人は日本国中にいっぱい、雨後の筍のように生まれて来ているんじゃないでしょうか。

でも多分、私の予想では、それらがひとつの流れにまとまって大きな組織になって、数を頼みに政治を動かすというような20世紀的なことにはならなくて、人々は各自で自分のセンスに合う”教祖”を見つけて必要なだけ学ぶでしょう。教祖をひとり・ふたりと、複数持つのもこれからは当たり前なことでしょう。

インターネットで知名度を上げて著書とセミナーで稼げばひとりくらい食べていけるでしょうし、かつてのように大規模な組織を作る必要がなければ、大量のお布施も必要ないので、これからの宗教は昔に比べれば安あがりになるんじゃないでしょうかね。少なくとも全財産を寄付させるような荒っぽいことは、長続きできずに破綻するのが目に見えていますからね。。

なんにせよ、思うことを自由にできる、いい時代になりました。
私のところでは2月10日にチャネリングセミナーを開きます。
今日はその告知原稿を書く予定ですが、近日中に正式に告知しますのでお楽しみに♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク