この記事は2012年11月17日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

3D仮想世界のクロスローダー雪丸さんと、IkebukuroSIMと、私。

先日、セカンドライフの放送局、VWBCの番組に、雪丸君が出演されました。

これに関しては、ご本人からもブログがアップされました。
仮想世界の雪丸日記:仮想世界の対談動画配信に出演しました #仮想雪丸

セカンドライフのあと、さまざまな仮想世界を、同じ外観のアバターで渡り歩き(意外と難しいことなのです、みんな仕様が違うので)、自分の思うキャラクターデザインを追求している雪丸君なのでした。仮想世界とのこういう付き合い方があるんですね、3DCGクリエイターならではの発想ですね。

私がなぜ雪丸君に注目するかというと、私のセカンドライフ内の自宅の隣が、雪丸君のショップだからです。
こちらは今年の5月に撮影したスナップショット。和風の建物がうちで、右側が彼のショップです。

ご本人(のアバター)に会ったのは2007年の初めの、この土地を借りてすぐのことで、ちょっと立ち話をして(テキストチャットですが)それきり、inWorldでも、もちろんリアルライフでも出会うことはありませんでした。ただ、一度、twitterが流行し始めた頃に挨拶を交わしたことがあったと記憶しています。

でも、MagSLのIkebukuroSIMがオープンした当時からずっと住人として契約更新を続けてきたこの2軒なわけですが、残念ながら、あたしが先に脱落することとなりました。次の更新日、12月7日まででこの土地を返却して、私は自宅を持たないホームレスとなることになりました。自宅なしでログインするというのは、初めてセカンドライフに入った最初の数回だけだったので、どんな感じかよく分かりません。ログインしたらどこに出現するのでしょうか…意外とそういうことが謎だったりします(~_~;)

facebookではお知らせしましたが、2007年当時に私たちが運営していたコミュニティサイトSLCOMも、来年初頭に、ドメインの契約切れとともに終了することになりました。
思い出は大切だけど、一度、区切りをつけるのも良いかなと思って。
情報も古くなって、情報としての価値を失っていますしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク