この記事は2012年6月26日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

英会話、最後の授業

週に一度の英会話教室なんだけど、前にも書いたとおり、先生が見つからなくて休講になってしまったため、今日は最後の授業でした。

このクラスは足かけ2年通ったけど、途中でやめる人、途中から参加してくる人で、少しずつ入れ替わり、結果的に、明るくて優しい人だけが残った感じで、最近ではほんとうに、どんな話題でも気兼ねなくしゃべれて、英語を抜きにしても(!)みなさんに会ってお話しするのが楽しい、貴重な機会になっていました。

次、いつ開講するか未定なので、先生が帰国して寂しいのと、仲良くなったクラスがなくなっちゃうのと両方で、すごく寂しい感じです。

講師の先生も2年間で3人とわりと交代が速かったと思いますが、おかげで、ヨーロッパ、イギリス、テキサスのいろんな英語に触れらて、イギリスとアメリカでは、発音も、使う単語も、けっこう違いがあるってことも分かりました。

だけど、やり始めた頃のちんぷんかんぷんな状態は抜けて、とりあえず無謀な英語でも話そうとする姿勢だけは身についた今日この頃なんだけど、でもやっぱり、テレビドラマや映画の普通のスピードの英語は全然聞き取れないし、自分が言いたいことも本当には言えてなくて、自分の中で、英語で言えそうな話題をチョイスして話してるだけというのも気になり始めています。

この機会に、1クール(3ヶ月)、テキストを使ってきっちり勉強するクラスを受講したほうがいいのかも。
とりあえず金曜に見学してから決めようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク