この記事は2012年5月25日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

PowerBookG3とかiBookとか古いVAIOノートとか、処分しました。

昨日、重い腰を上げて、ポストにチラシが入っていた不要品回収業者に勇気を出して電話して、今日、残りのゴミを引き取ってもらいました。

ノートパソコンが4台、古いUPS(無停電電源装置)、自転車1台、ブラウン管のテレビと古タイヤ(こちらは有料)など。

最後のゴミが消えたので、つとむの部屋がやっと片付きました。
以前は左のピアノの上部に「つっぱり棚」があって、要らない古いソフトとかが大量に詰まっていたのですが、全部捨てて、棚も分解して、町の粗大ゴミ収集に持って行きました。

さまざまなケーブルの類や、仕事やセミナーの資料も大量に捨てたので、部屋の内包物の総量を計測したら、かなり減っていると思います。
残してある資料は、私が書いた紙媒体の原稿(フリーペーパーや情報誌など)、取材された記事(ローカルの新聞など)だけ。さすがに自分が出ているものは取っておかないと、他に誰もとっててくれない可能性がありますからね…。

というわけで、古いパソコンにはそれなりに思い出があって、ちょっと残念な気もしたけど、なくなってみるときれいさっぱり、とても気分が良いです。

苦労した時代に使っていた歴代のノートパソコンなので、良い記憶より、苦い記憶のほうが、たくさん染みついていたかもしれません。

そんなことも、あんなことも、すべては過ぎた昔の出来事。
今日から先の未来には、なんら影響するものではないので、しっかり前を向いて、また、新しい気持ちで、出発したいと思います。

そういうふうに、人生を毎日リセットしながら新しい一日を生きていくというのが、最近の、私のお気に入りです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク