この記事は2012年5月14日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

開運グッズは迷信かもしれないけど…

Untitled
前のエントリーでは、地図のことを書きましたが、今日は写真中央の丸い物体の解説です。

この丸い物体は、なんていうんだっけ、サンキャッチャー?
魔除けみたいな、幸運を呼び込むみたいな、おまじないグッズです。

以前、収入も仕事もなくて、何をどうしたらいいのか分からず五里霧中だった時期に、たくさんの占いや開運法を試しました。
これもその時、手に入れたグッズのひとつです。
特に効果は感じてないけど、この幾何学的な模様が好きです。
花びらみたいなパーツに、着色したら綺麗になると思うんですよね。
いつか、絵の具を見つけたら、そして塗るべき色が決めれたら、塗ってみようかな。

今となっては恥ずかしい話なんだけど、当時は、事態をなんとか乗り切るために、いわゆる、まともじゃない情報にも、大胆にチャレンジしていました。

水晶をはじめとするパワーストーン、オーラソーマ、おまじない、成功哲学とアファメーション(これは開運法とは言わないか)。言霊がなんたらとか、瞑想とか、匂いでなんたらとか、果てはチャネリングまで。

結論から言うと、そういう「物」に頼ろうとした時点ですでに自分に自信がなく「見えてない」状態なので、状況が一発で改善することはありません。

だけど、とりあえず不安や混乱を静めるための精神安定効果はあると思うので、100%否定することもしません。

私が当時試したいろんなものの中で、個人的に、やってよかったな、なにがしかの効果を感じたなと思うのは、実は、「印鑑」です。
それまでは、印鑑なんかなんだっていいと思って、実印でさえ三文判で済ませていたのですが、ちゃんとした印鑑を作って以来、ただただ状況に流されるようなことではなくて、良くも悪くも自分で方向を決めて(あるいは選択して)進めるようになった気がします。

それから、オーラソーマは、今までの人生で出会ったものの中で、最も美しい。
ただの、色つきの液体が入った瓶なのに、いつ見ても美しく、多分、宝石よりも美しいと思う(というか、これに匹敵するような宝石ってとんでもない値段なので手に入らない)

当時、少しずつ買い集めたボトルが、全部で20〜30種類ほどあるんですが、今も並べて飾っています。
何度も言うけど、光が透けて本当に美しいボトルです。
どんな効果があろうがなかろうが、自分が好きな色のボトルを集めて、眺める以上の幸せがあろうとは思えない、的な。
開運するかどうかさえ、どうでもいっかって、思っちゃうような。

開運グッズを探していて出会ったものの中で、一番、好き。

オーラソーマに似ているのは、コスメですね。
毎年、毎シーズン、各ブランドから発売される、口紅、リップグロス、アイシャドーにチーク。
その色やパッケージを見ているだけで癒される時期があって、アットコスメの常連だったのですが、オーラソーマもそれと共通するところがあります。

自分を美しくするというより、それ自体が美しいので、見ていて癒されるんですよね。

逆に、あまり効果がなかった気がするのは、各種ヒーリング系ワークショップ。

いろいろ受けました。覚えてないくらい。

でも結局は、自分なんですよね。
自分が、自分の行く道を見つけて、見つからなくても「こっちに行ってみたらどうだろう」と仮説を立てて進んで、実際に行動して、やってみないと、それが当たりか外れか、分からないんですよね。

何回ワークを受けようが、瞑想しようが、その中で何を見つけようが、実際にやってみることをしなかったら、何も進まない。

逆に言えば、何でも思いついたことを実際にやってみさえすればおのずと答えは出るので、わざわざ時間とお金をかけてワークをやる必要は、あまりないような。

こうして振り返ると、人がやることよりも、物体(印鑑とかボトルとか)のほうが、頼りになることがあるという、自分でも意外な結論です。

意外に、物体にはパワーが宿っているのかもしれません。
一説には、植物や、岩石でさえ、意思を持って生きているといいますし。
(地球も生き物で意思を持っているとか)

物質が持つ力も、あながち、ばかにできないかもね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ※ 地図の上にぶら下がっている丸い物体については、次のエントリーで。 […]