この記事は2012年3月22日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【映画】ヒューゴの不思議な発明を3Dで見てきました。

数々の賞を受賞した鳴り物入りの大作ですから、期待「大」で出かけました。

開始早々、駅の大時計のからくりのシーンでいきなり、3Dの威力を見せつけるというか、なるほどこういう構図なら3Dの奥行きが楽しめるよなーと思うような、場面の背景デザインなのでした。
多分、アバターの次に、3D的表現を楽しめる映画じゃないかと。。

しかし私はだんだん3Dメガネが当たる鼻の骨が痛くなってしまうし、画面が暗いし、目が疲れて頭痛がしてくるし、終わる頃には首まで凝り凝りになってしまって、イマイチ、映画に没入できませんでした。
XpanD方式のメガネが原因かも。次に3Dを見るときは、映画館、変えないと。

ストーリー的には、なんとなく消化不良な感じが残るというか、これだけ魅力的な場面設定の割には、暴かれた謎がたいしたことなくて、えーー、そんだけ?って思ってしまったけど、それは私が、「魔法」「宇宙人」「奇跡」的なものの中毒だからに違いありません。

世代的にも、私には無声映画に対する郷愁とか、ぜんぜんないしね。。

でもまあ、単に映像美を楽しむためだけにあの機械仕掛けの人形があったとしても、映画だから許す。うん。
WOWOWで放送されたらもう一度、ゆっくり映像美を楽しみたいと思います。
多分、2Dでもじゅうぶんに、美しいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク