この記事は2012年3月18日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【自習】宝塚のお芝居4本

宝塚の自習も続けてます。昨日と今日で2本、学習しました(◎-◎)

暁のローマ-「ジュリアス・シーザー」より-(’06年月組)

リンク先のチャンネルではなくて、BSのTwellV(トゥエルビ)で見ました。
キャストが超豪華です。

「TRAFALGAR(トラファルガー)」―ネルソン、その愛と奇跡―(’10年宙組)

大空祐飛主演。孤独の陰を背負うネルソン提督の悲恋。大空祐飛には、こういう陰のある役柄が似合うんですね。なんとなく分かってきました。が、今年退団だそうで残念。
トップスターが退団すると、原則的には2番手が繰り上がってトップスターになるらしいのですが、その2番手って誰?…というのが分かりにくい。どこかで公式に発表されているんでしょうかねー。

ちなみに、私の主な情報源はWikipediaです。
どのタカラジェンヌについても、出演作品が年代順にリストアップされていて、とっても参考になります。
すばらしいですね、Wkikipedia。
まさに知の集積!!

書き忘れたけど、数週間前に、星組の柚希礼音(ゆずき れおん)の作品も2本見ました。
・太王四神記 Ver.II -新たなる王の旅立ち-(’09星組)
・激情 -ホセとカルメン-(’10星組)

柚木礼音の持ち味は、にじみ出る人の良さ。素直さ、まっすぐさという所かな。
ダンスもいいけど、伸びのある声と笑顔がすばらしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク