この記事は2012年3月12日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

私も Tumblr 使ってます

Tumblr(タンブラー)というサービスがあって、無料のレンタルブログみたいなものなんですが、「引用」とか「リブログ」とかいう機能が便利なので使っています。

私のTumblr → 不思議猫的世界

見慣れないとわかりにくいかもしれませんが、ここに並んでる記事は私が書いたのじゃなくて、ほとんど他人のブログの「引用」です。

記事を読んでまるごと「いいな」と思ったときは「いいね」ボタンを押してfacebookのタイムラインで紹介したり、あとで読み返せるように自分のソーシャルブックマークに登録しますが、全部まるごとじゃなくて、この言い回しが気に入ったな、とか、この部分に共感するなって思って、その部分だけを記録したり、他の人にも紹介したいと思ったときに利用するのが「引用」という機能です。

具体的にはブラウザのアドオンを利用していて、気に入った文章を選択してアドオンのボタンを押すと、自分のTumblrに投稿されるようにして使っています。また、私はTumblrをfacebookに連携させているので、投稿(引用)は自動でfacebookにも流れて、そちらのフォロワーの方たちに紹介される仕組みです。

Tumblrには、普通のブログのように自前の記事を書いたり、写真を投稿したり、Tumblrのユーザー同士でフォローしあってSNSみたいに使ったりと、いろんな機能があるらしいのですが、私は今のところ「引用」にしか使ってません。

WordPressでも「PressThis」という機能を使って引用記事を作ることはできるんだけど、Tumblrに投稿しておいたほうがどんどん「リブログ」されたりして楽しいかな?という感じです。他人の文章を気楽に回し読みする感覚ですね。

最近メインで使ってるのはfacebookですが、facebookは便利なSNSではあるものの、自分の書いた記事やお気に入りの記事を保管しておく場所としては、いまひとつ使いにくいので、やっぱり、それとは別に、自前のブログや、ソーシャルブックマークや、その中間みたいなTumblr的なサービスを併用するのがベストな感じです。

でもこれは私の使い方であって、他の人も同じように使ってるとは思いません。
まだまだmixi一辺倒の人も多いみたいだし。
Twitterがあればじゅうぶんっていう人もいるかも。

ソーシャルサービスも多様化して、ユーザーの裾野も広がってきたので、今は、いろんなものを自分流に組み合わせて使いこなす時代かなって思います。

少なくとも、インターネットといえば電子メールとホームページ、という時代ではなくなりましたね。
インターネットがあらゆるサービスに組み込まれて(あるいはあらゆるサービスがインターネット経由で動くようになって)、ようやくこれから、ほんとうの「インターネット時代」が始まるんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク